« 終戦の日か敗戦の日か | トップページ | 小泉進次郎の選択 »

2018年8月21日 (火)

「天運循環」

「月日は百代の過客にして、行き交ふ年も又旅人なり」は芭蕉の『奥の細道』の書き出し。「天運循環。無往不復。宋徳隆盛。治教休明。」は朱子の『大学』の序にある。

いずれも長い歴史のなかで疑うことのない真理として扱われてきた。

それが世界的異常気象、地球温暖化やトランプ・安倍政権の奇妙な長続きで、つい疑わしい気分になってしまう。

「そうではない」ことを証明する賢人の出現が待ち遠しい昨今である。

|

« 終戦の日か敗戦の日か | トップページ | 小泉進次郎の選択 »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「天運循環」:

« 終戦の日か敗戦の日か | トップページ | 小泉進次郎の選択 »