« 安倍外交に改善の目 | トップページ | 酷熱記録 »

2018年7月23日 (月)

国旗の由来

暑い暑いの毎日だ。予報では最高気温35度なっているが、ネットで調べると現在当地は34度、体感温度39度、風速4m、湿度35%となっている。大雨被害地をはじめ、もっと過酷な気象条件の所があるので愚痴はいえない。

サウジ滞在の長い友人に聞くと、砂漠に住む遊牧民族は、焼け付くような暑さで時には人を死に至らしむ太陽を憎み、月と星を愛する。さらに、オアシスの水と緑、石油は神からの贈り物と信じているという。

イスラム圏では、国際赤十字はキリスト教のシンボル十字架のようでそのまま使えない。そこで愛する三日月をシンボルとした「新月社」として活動しているのかと思った。国旗も三日月と星を配したデザインが圧倒している。

ところがやや違うようだ。イスラム教では伝統的に独特の太陰暦を使う。新月を観測し、次の新月が観測されるまでが1ヶ月となる。したがってラダマーン(断食月)もその基準で決められる。新月は「聖なるシンボル」なのだ。

とはいっても「偶像崇拝」は禁じられている。国旗が日本の日の丸崇拝のような極端な国家主義にはならない。ISのように、アラブ語で書かれたコーランの部分を黒字で書いて旗印にするしかないのかも知れない。

ついでにいうと、国旗はヨーロッパに多い十字架由来の旗、フランスのような、国是を色で表現した3色旗、民族や州など多様性をまとめるような星条旗的パターンの旗でほとんどが占められる。

その中で特異なのがIS旗と韓国の太極旗であろう。太極旗中央の丸は陰陽を示す道教由来の記号になっている。4隅にある棒のような符号は、「当たるも八卦当たらぬも八卦」の易教で使われた。どっちにしても中国太古の思想に準拠しており、現在の中国では通用しない。

日韓併合前の李氏朝鮮時代に使われたもので、韓国民もできれば変えたいと思っているのではないか。

 

|

« 安倍外交に改善の目 | トップページ | 酷熱記録 »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国旗の由来:

« 安倍外交に改善の目 | トップページ | 酷熱記録 »