« 元号、政治利用は中止を | トップページ | 過去の消夏法 »

2018年7月16日 (月)

台湾の蘭嶼島と日本

 

2018_07160002

2018_07160003

  写真上と下のカラー印刷部分は、今日付け毎日新聞の付録で、台湾の観光案内を特集したもの。下のモノクロ部分は、「96・9日曜クラブ付録」と塾頭のメモ書きがある同紙切り抜きである。

 いずれも、ゴマ粒程度の台湾の小島蘭嶼(らんゆ)島を扱っており、カラーの地図では右下の茶色の矢印形に見える所だ

 なぜこれを題材にしたかというと、ここに住む少数民族の名(タオ族)は、「われわれ」のことを「タオ」と言い表し、そこからきたという説がある。日本の「倭(わ)」の呼称も、吾、我、私の「わ」聞いた中国人などがつけたのではないかという推測を、拙著に書いていた。そんなわけで、なんとなく他人のような気がしないのだ。

 下の記事「押し付けにノー」は、日本支配時に「ヤミ族」と改称を強いられていたのを「タオ族」に復活させたいということと、漢民族からは、核廃棄物貯蔵施設設置場所を押し付けられたことで、民族意識が高まり、青森県六ヶ所村との交流もあるという内容だ。

 しかし、観光案内の方は台湾観光局の企画のようで、そんなことは書いてない。「先住民族であるタオ族が、農業と漁業を中心に暮らす豊かな島です。海岸から望む夕日の美しさ、道を渡るヤギの素朴な景観……」。

 海外もいいが、何も知らずに遊びほうけるだけにならないよう、願いたいものだ

|

« 元号、政治利用は中止を | トップページ | 過去の消夏法 »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

私の好きなたべものにビーフンがあります。父が台湾出張したおりのみやげはいつもビーフンでした。神戸に近いところに住んでいたので、台湾航路の定期船高砂丸が着岸する埠頭へはよく行きました。

投稿: ましま | 2018年7月17日 (火) 21時46分

東日本大震災では台湾が最も多くの義援金や支援を送ってくださいました。
こんかいの災害でもいち早く台湾が反応しました。

世界一の親日国家である台湾をもっと日本人は知るべきでしょうね。

投稿: 玉井人ひろた | 2018年7月17日 (火) 20時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台湾の蘭嶼島と日本:

« 元号、政治利用は中止を | トップページ | 過去の消夏法 »