« わかっていた災害 | トップページ | 元号、政治利用は中止を »

2018年7月13日 (金)

嫌われものトランプ

世界で決めたルールを無視するのは、自由貿易に反する高関税ばかりでない。地球温暖化ガス排出、イランの核廃絶合意、移民難民問題、イスラエルの首都問題などいくらでもある。

自由貿易ではアジアの日中をはじめASEAN、インド、オーストラリア、ニュージーランドまでを含む16カ国で年内合意を目指す経済圏Rセップについては、7月2日に「トランプに意見を言えるのは?」で取り上げた。TPPと共にトランプ大統領包囲網を形成することになる。

昨日まで開かれていたNATO首脳会議で、トランプ大統領は加盟各国に軍事費支出GDP2%目標を倍増させるように求めた。さらにドイツ・ロシア間のガスパイプライン計画をやり玉に挙げて「ドイツはロシアに完全に支配されている」と非難、アメリカのLPG輸出の増大をうながした。

このようなことは、意見の一致を重視するNATOにとってかつてないことである。トランプ氏のいう「劇薬」が米欧関係を揺るがしかねない。現に特別の関係を誇示してきた英国内でも反トランプ・デモが吹き荒れている有様だ。

一方、トランプはNATO離脱をほのめかしたことがあり、プーチンには肯定的な評価をしたこともある。つまり、ロシアの脅威を巧みに利用しながら武器を売りつけるのが目的のようだ。

日本は防衛費支出が1%弱で推移していたが、米国製戦闘機などの購入を直接求めており、今後の圧力増大を防衛省幹部は警戒している。北朝鮮や中国の脅威を商売の種にしながら一方で金正恩とにこやかに握手する。

この手で一番振り回しやすいのは、自称お友達の安倍首相にほかならない。国内支持がありながら、自身が隣国から嫌われていることに気がつかない点では、両人とも甲乙つけがたいといっておこう。

|

« わかっていた災害 | トップページ | 元号、政治利用は中止を »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/73851113

この記事へのトラックバック一覧です: 嫌われものトランプ:

« わかっていた災害 | トップページ | 元号、政治利用は中止を »