« 人民服と国民服 | トップページ | 見なくなった昆虫 »

2018年6月14日 (木)

拉致問題前進は?

  北朝鮮はこれまで日本政府に対し、拉致被害者12人の消息について「8人死亡、4人は入国していない」と主張し、「拉致は解決済み」との立場を取ってきた。萩生田自民党幹事長代行は「金委員長から『解決済み』という反応がなかったことは大きな前進だ」と言い、日朝の直接交渉による問題解決に期待を示した。

 下げ止まりとは言え、内閣支持率維持は風前のともしび。このさきは拉致問題解決にすがるしかない。しかし、米朝と違って奇跡を呼ぶ要素は皆無と言いたい。これについて北朝鮮の対応ををいくつか予測してみよう。

 解決済みとする人数と内容を一切変えない。

 これまでの発表を訂正し、死亡日時、原因だけを変更する。

 米軍戦死者同様、死亡者の遺骨送還努力だけを続ける。

 死亡人数の変更や新たな調査で帰還可能者があれば公表する。

 日本の調査団を受け入れる。

 核放棄や経済援助の行方を見極め④の帰還を実現させる。

 国交回復をもって問題解消をはかる。

①、②では安倍首相による日朝交渉不成立。③と⑦は党内がなっとくしないだろう。④が即時にできれば前進だが、問題先送りになりかねない。

⑤は核放棄の査察と全く性格が別である。金政権を全く信用しないということにつながり、北朝鮮の受け入れられることではない。

結局、④⑥⑦の組み合わせがぎりぎりの妥協点ということになるが、中味はトランプ・金会談に遠く及ばない。8月に予定するといっても、小泉・金正日会談再現にはほど遠いのが現状で、実現すら危うい。

事前協議が進む客観情勢がなく、安倍首相は焦っていると思われるが、残念ながらやはり「置いてけぼり」の結果しかなさそうである。

|

« 人民服と国民服 | トップページ | 見なくなった昆虫 »

東アジア共同体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/73681226

この記事へのトラックバック一覧です: 拉致問題前進は?:

« 人民服と国民服 | トップページ | 見なくなった昆虫 »