« 「事情通」と老子 | トップページ | これからは「少年時代」 »

2018年6月26日 (火)

共産党の指摘文書、報道は朝日だけ?

以下はgooニュースに載った記事である

05:00朝日新聞

森友・加計(かけ)学園問題をめぐり、25日の参院予算委員会は延長国会で初の安倍晋三首相を追及する場となった。共産党が独自に入手したという政府の「内部文書」からは新たな疑問も浮上し、審議は紛糾。しかし、政府側は文書の存在を認めず、調査にも後ろ向きで、内容への見解も示さない姿勢に終始した。

「全く調査に応じようという姿勢がない」

共産の小池晃書記局長は25日の記者会見で、参院予算委での政府側の答弁に怒りをあらわにした。「内部文書」は2種類。森友問題に関する政府内の対応がうかがえる内容だった。

文書の一つには財務省の理財局と近畿財務局のやり取りの記録を「最高裁まで争う覚悟で非公表とする」と記載されている。財務省の佐川宣寿(のぶひさ)前理財局長らの刑事処分に関し「官邸も早くということで、法務省に何度も巻きを入れている」との記述もあった。(以下略)

この内容の報道が、ほかからは全然見あたらない(見落としがあるかも知れないが……)。加計問題同様、文書の存在を裏付けるような証拠がほかから出てきたら、政権はどう対応するつもりだろうか。こんな大事なニュースが黙殺される理由がわからない。

塾頭はテレビ中継を見ていたので、この国会のやりとりを知っている。その内容に報道する価値がないとは、どうしても思えない。国会の応酬そのものの裏付けを取る必要は全くない。なぜネグられるのか、とにかく不思議である。

|

« 「事情通」と老子 | トップページ | これからは「少年時代」 »

マスコミ」カテゴリの記事

コメント

報道各社の‘親方’である総務省から何らかのお話があったのかもしれませんね

投稿: 玉井人ひろた | 2018年6月27日 (水) 16時20分

籠池夫妻は「しつこい」と言われて切り捨てられましたが、佐川元局長は「切り捨てる口実を考えているのでそれまで待て」と言われているのを、朝日だけが破ったのかも知れません。

投稿: ましま | 2018年6月27日 (水) 21時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/73752014

この記事へのトラックバック一覧です: 共産党の指摘文書、報道は朝日だけ?:

« 「事情通」と老子 | トップページ | これからは「少年時代」 »