« 拉致問題前進は? | トップページ | 『朝日』がこけた日 »

2018年6月15日 (金)

見なくなった昆虫

「蚊帳の外」、流行語としてランク・アップされるかどうか。我が家で蚊帳を吊らなくなって多分40年は経つだろう。多かったのは庭の手入れをしていると刺されるヒトスジシマダラカなどのヤブ蚊。屋内は蚊取り線香かスプレーなどでいなくなった。

蚊帳を知っている人は多分内閣支持率同様、だんだん減っていくだろう。ハエも同様、ハエトリ紙、ハエ叩きなどは民族資料館へ行かないと見れなくなる。家の中で健在なのはゴキブリや家グモ。ダニは見えないが小さなアリは多い。

だが、砂糖壺をめがけて行列を作るような姿は見えない。なぜだろう。シロアリ対策をしっかりやったのでそのせいか。童謡で歌われた赤とんぼや蛍、殿様蛙などが外で見られなくなったのはさびしい。小動物が少なくなった一因に農薬などが考えられるが、野良猫の激増は関係がないか。

ナメクジ。特に増えていないが、我が家のナメクジは新聞受けポストの中に進入する。新聞の所々に小さな穴があるので、インクのにおいが好きなのかもしれない。早く活字離れしてほしいのはナメクジ。

戦後、女生徒を悩ましたケジラミ。進駐軍が提供したDDTで見る見るうちに姿を消した。ネット、スマホ、AI、政治に限らず、世の中は激しく変化する。

 

 

|

« 拉致問題前進は? | トップページ | 『朝日』がこけた日 »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

こちらでも減少の一途をたどりました。その後、農薬も改良されるなどのかいがあったのかは不明ですが、コンクリート製のU字溝水路にはシジミやヤゴが増加し、田んぼには土壌やタニシが激増しています。

ただ、稀ですが全国ではシラミが復活しつつあるようで困ったものです。

我が家では「大ムカデ」が部屋に侵入に悩まされ、毎年妻が大騒ぎです

投稿: 玉井人ひろた | 2018年6月15日 (金) 17時20分

タニシと食用ガエル、イナゴ。食糧難の戦中・戦後はよくとりにいきました。タニシは美味な蛋白源として家でも喜ばれました。イナゴは足をもいで佃煮にします。
カエルは錨型の針をつけた竿で釣るのですが、気味悪いせいか調理してもらえず、食べた覚えがありません。

投稿: ましま | 2018年6月15日 (金) 20時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/73686771

この記事へのトラックバック一覧です: 見なくなった昆虫:

« 拉致問題前進は? | トップページ | 『朝日』がこけた日 »