« 小満 | トップページ | 日本も捨てたものじゃない »

2018年5月22日 (火)

渡る世間は「ウソ」ばかり

加計問題で、また愛媛県から新たな文書が30ページも出てきた。それには、出張者の記録として「2月25日に理事長が首相と面談(15分程度)。理事長から、獣医師養成系大学空白地帯の四国の今治市に設置予定の獣医学部では、国際水準の獣医学教育を目指すことなどを説明。首相からは『そういう新しい獣医大学の考えはいいね』とのコメントあり」(TBS)とある。

今度は、加瀬首相秘書官の発言でなく、安倍首相本人の発言として具体的に記録されている。国会での追求必至というが、「去年1月に初めて知った」とする総理答弁は、世間常識から見て「ウソ」だということを、すでに国民がよく知っている。

国会では、言った言わない、指示したことはないの水掛論争になるだろう。或いは「計画は知っていたが、申請書の中味を見たのは去年の1月が最初」などと言い逃れるかも知れない。

高慢な政府・自民党筋は、それで乗り切れるだろうと高をくくっている。言った、言わない、指示してはいないは、日大アメフト監督の周辺でも起きている。しかし関西学院側(日大監督はカンセイをカンサイと何度も言い違えるお粗末さ)では、相手を傷つけた事実に違いはなのでこの言い分では納得しない。世間体もあり日大監督は辞任することになった。

世間の常識は、これが本当。

 

|

« 小満 | トップページ | 日本も捨てたものじゃない »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

「嘘をつくことは良くないこと」と学校では今でも教えていると思いますが、その学校を所管する文科省も関係しているこの問題、そのことを指摘した報道や議員はいましたかね?

投稿: 玉井人ひろた | 2018年5月25日 (金) 08時42分

幼稚園や小学校では教えるようですが、大学、ことに有名大学ほど教えないようですね。力を入れているのは「忖度」と「記憶喪失」のようです。マスコミや議員の「慣れっこ」、昔いた「侍」もいなくなりました。

投稿: ましま | 2018年5月26日 (土) 09時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/73532560

この記事へのトラックバック一覧です: 渡る世間は「ウソ」ばかり:

« 小満 | トップページ | 日本も捨てたものじゃない »