« 朝鮮のナショナリズム獲得 | トップページ | 国連でアメリカ孤立 »

2018年5月16日 (水)

政府答弁盗用・アメフト

【NHKオンライン】

アメリカンフットボールの日本大学と関西学院大学の定期戦で日大の選手による重大な反則行為があった問題で、日大の内田正人監督は、学内の聞き取り調査に対し、「反則行為を意図的に指示したことはない」と答えていることがわかりました。

今月6日に東京都内で行われた日大と関西学院大の定期戦で、日大の選手が、パスを投げ終えて無防備な状態だった関西学院大の選手に後ろからタックルし、関西学院大の選手は、右ひざなどのけがで全治3週間と診断されました。

この行為をめぐって関西学院大は「選手を傷つけることだけを目的とした意図的で極めて危険かつ悪質な行為」と指摘したうえで、「試合後の監督のコメントは、反則行為を容認するとも受け取れる」として日大に抗議文書を送り、日大は、15日夜、それに対する回答書を関西学院大に届けていました。

日大広報部によりますと、回答書をまとめるにあたって内田監督から話を聞いたところ、「反則行為を意図的に指示したことはない。厳しく戦ってこいという趣旨の発言をした」と話し、反則行為への指示は否定しているということです。

また、タックルをした選手も、「監督から指示されたことはない」と答えているということです。

【安倍首相陰の声】そういわれれば政府答弁にそっくりですね。まねされるということは、それが正しいからです。???(*^-^)

|

« 朝鮮のナショナリズム獲得 | トップページ | 国連でアメリカ孤立 »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/73499553

この記事へのトラックバック一覧です: 政府答弁盗用・アメフト:

« 朝鮮のナショナリズム獲得 | トップページ | 国連でアメリカ孤立 »