« 連休明けは大波乱 | トップページ | 春秋戦国時代 »

2018年5月 3日 (木)

憲法の日、雑感

自民党の改憲案は、安倍首相の思いつきに始まった、9条の2を新設して「必要な自衛の措置をとることを妨げず、そのための実力組織として(中略)自衛隊を保持する」となった。これについてのアンケート調査を毎日新聞がしている。

それによると、賛成が27%、反対31%、その差4%で拮抗している。自民党支持者だけを見ると賛成49%、反対16%で賛成が多いものの半数を割っており、公明党は全体の数値に近い。

国民投票の3分の2にはほど遠いようだが、賛否半ばということは、安倍首相の改憲指向に水を掛けることにはならず、そこに向けた強引な世論誘導を図る手がかりを残す。そういった数字だ。

北朝鮮や中国の脅威が利かなくなるということになると、アメリカの押しつけ憲法、占領下で作られた異常な憲法、二度とアメリカに刃向かいできなくする憲法だといい、今こそ自主権法を、ということを強調することになるだろう。

戦中・戦後を生き抜いてきた塾頭は、「戦後レジュームの脱却」と言われただけで人生を無視された気がし、安倍首相とは不倶戴天の敵になる。

戦後国民の大多数は占領政策を歓迎した。言論の自由、人権尊重が手に入り、最低限の食料と共にアメリカ映画、ジャズ、アニメなどもどっと入ってきて平和の日本を謳歌したものだ。

占領政策を好まなかった人もいる。それは戦犯、戦争指導者などパージを受けた人、頑固な右翼など少数で「保守反動」と言われた。

再び戦争できないように、という占領政策ならば、靖国神社の宗教法人化阻止を考えるべきだったと思うがそんな話は聞いたことがない。信教の自由が優先したのだ。

9条の発想は、第一次大戦後の不戦条約締結から第2次大戦前前まで外務大臣として活躍し、戦後の国際連合発足までの経緯を知る幣原首相が、マッカーサーに提案した証拠の文書はすでに示した。

|

« 連休明けは大波乱 | トップページ | 春秋戦国時代 »

憲法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/73417687

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法の日、雑感:

« 連休明けは大波乱 | トップページ | 春秋戦国時代 »