« こんな所に「まごころ」? | トップページ | 戦争の裏に陰謀あり »

2018年4月18日 (水)

半島とのつきあい方

我が国とお隣、韓国・朝鮮の共通点は何か。古代は別として意外に少ないと言うより、直近では違いの方が目立っている。江戸時代には、鎖国政策、官学としての朱子学(儒教)や、身分制(士農工商と両班)などの共通点もあった。

遊女の文化、花魁(おいらん)と妓生(キーセン)は、日本が一足早く消えるが、残滓が残っていないと言い切れない。財務事務次官の、「商売人との言葉遊びならいい」などというような発想がそれだ。

朝鮮・韓国は漢字を捨てたが、日本はそれを通じて3000年の大陸・半島との往来があった。近隣外交は、その経験を生かすという視点に立つべきだ。

安倍首相は、朝鮮半島とのつきあい方で、トランプ米大統領と相談するそうだ。しかし、アメリカのポチと称される彼に、そんな器量があるとはとても思えない。違いの強調に終始し、むしろ恐ろしいという感じすらする。   

|

« こんな所に「まごころ」? | トップページ | 戦争の裏に陰謀あり »

東アジア共同体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 半島とのつきあい方:

« こんな所に「まごころ」? | トップページ | 戦争の裏に陰謀あり »