« 蚊帳の外、日本 | トップページ | 陸奥ご自慢の前方後円墳 »

2018年4月23日 (月)

市川市長選結果と中央政界

昨日行われた市長選は接戦になり、今朝まで結果がわからなかった。地元の地方選にこれほど関心を持ったことはない。前に掲載したのは、4月7日の「市川市長選、野党統一候補実現」だった。

野党統一候補が保守系を破れるかどうかの試金石になるのでは、という意味で、これまで取り上げたことのない地方選に関心を向けた。まず、告白しなければならないのは予想がことごとくはずれたことである。

まず投票率。先週のマスコミ報道では「誰に投票しても変わらない」という選挙疲れのような反応が多く、低調とされていたのが、昨年11月の選挙が30.7%に対し今回のやり直し選では33.97%、3%以上もアップしたことだ。

それから、前回の自民推薦を含め4人の保守系候補が野党の共同推薦を受けた村越氏に対抗するため、2人に候補を絞り、自民県連も推薦を取り下げた。そして前回の2位の坂下氏を4位の高橋氏がおりて支持することにより、当選確実にするねらいもあって、村越氏の勝機は困難視されていた。

それを、今回結果で見る。

【前回得票数】

順位 候補者  得票

 村越祐民 28109

 坂下茂樹 27725 

 田中 甲 26128

 高橋亮平 20338

 小泉文人 16778

【今回得票数】

 村越祐民 46143 

 田中 甲 42931 前回③+⑤=42906

 坂下茂樹 41880 前回②+④=48063

【絞り込み単純計算による前回との差】

村越祐民 +18034

田中 甲    +25

坂下茂樹  -6883

坂下氏を自民とみるなら、中央政界の影響を考えずにこんな顕著な結果は想像できない。3%の投票率アップは無党派層の意識した票の増加だろう。坂下氏の激減ぶりと村越氏激増ぶりはそれしか説明がつかない。公明票と婦人票も大きく影響したのではなかろうか。

中央政界これを他山の石と見るかどうか、これからの注目のしどころである。

|

« 蚊帳の外、日本 | トップページ | 陸奥ご自慢の前方後円墳 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/73355454

この記事へのトラックバック一覧です: 市川市長選結果と中央政界:

« 蚊帳の外、日本 | トップページ | 陸奥ご自慢の前方後円墳 »