« 戦争の裏に陰謀あり | トップページ | 市川市長選結果と中央政界 »

2018年4月20日 (金)

蚊帳の外、日本

前々回のエントリーは「半島とのつきあい方」をテーマにした。安倍首相が米トランプ大統領と会談し、北朝鮮への制裁圧力を弱めないこと、核の放棄を2020年までに実現させること、日本が射程に入る中短距離ミサイルも廃棄させることを、拉致問題と合わせて米朝トップ会談のテーマにするよう申し入れた、

大統領は了承したと伝えられているが実現させるとは言っていない。会談の成果が見込めないようならば会談そのものを中止するようなことも言っている。金正恩がアメリカと会談を望んでいる理由は、朝鮮戦争で対敵したアメリカと休戦協定があるだけで、法的には戦争状態のままになっているからだ。

これを半世紀ぶりに解消、平和条約を結びたいということである。アメリカの傀儡政権であった李承晩の軍隊と、米兵が出撃した基地や軍事物資を提供し、米軍の要請で掃海艇を派遣した日本は、戦争当事者ではないものの仮想敵国になる。

北朝鮮は、戦争に負けたとは思っていない。あくまでも対等な立場で対米交渉にのぞみたいと思っている。だから一方的に武装解除をする理由は全くない。核拡散防止条約(NPT)加盟国に復帰して核兵器を凍結することがあっても、すべてを放棄するとは考えられない。

民族統一の悲願を共にする韓国・文政権との話し合いはともかく、当事者ではない日本に、とやかく言われる筋合いは全くないのである。一方、蚊帳の外にいる日本の代弁をしてメリットが無ければ、トランプから無視されても文句の言いようがない。

前にも書いたが、朝鮮人は日本敗戦後、当初南北という境界を意識せず独立に向けて動き出した。それを阻止したのがアメリカである。自らの国の将来について、アメリカであろうと中国であろうとソ連であろうと、どこからも指図を受けるいわれはない。

悲願であったその機会が現実性を帯びた形でようやく目の前に現れ始めた。それが一番わかっていないのが、日本の政府なのである。

|

« 戦争の裏に陰謀あり | トップページ | 市川市長選結果と中央政界 »

東アジア共同体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/73336925

この記事へのトラックバック一覧です: 蚊帳の外、日本:

« 戦争の裏に陰謀あり | トップページ | 市川市長選結果と中央政界 »