« 押しつけ憲法再評価 | トップページ | 核兵器関連年表 »

2018年2月 1日 (木)

ヒスイ原産地

新潟県糸魚川から贈ってもらったヒスイの原石なるものがあるが、中味は割ってみないとわからない。原石は姫川近辺や海岸で発見されるという。古事記や万葉集にも越の国ヌナカワという名で記載があるし、日本古来の常識かと思っていたらそうではなかった。

わずか19年前に初版が出た森浩一『日本神話の考古学』には、こうある。

日本の遺跡からは実に多くの硬玉ヒスイの玉類が出土する。縄文時代の前期にあらわれ、中期を中心に鰹節型玉器とも呼ばれる、穴をあけた大珠がさかんに使われている(中略)。

私が子供のころ、考古学の書物では、これらの硬玉ヒスイの製品は「ビルマ(ミャンマー)からもたらされた原石を使っている」という説明が一般的であったし、ごく最近でもそのような説明の残る書物を見かける。

引用の最後が「ごく最近」であるが、ごく最近はなんでもかんでも「日本発祥」としたがる傾向があり、一時の韓国をまねた風潮が目に付く。何でもかんでも外来にしてしまう過去の日本風よりはいいか。

変なナショナリズムに結びつけないかぎり、学問は日進月歩で発展してほしい。

|

« 押しつけ憲法再評価 | トップページ | 核兵器関連年表 »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

南米ペルーのインカの文明が日本のヒスイと関係があることが現在の考古学の最新のようですが、古代史は変る一方です

投稿: 玉井人ひろた | 2018年2月 1日 (木) 18時10分

それは初耳です。南米ペルーの原始人はモンゴロイドだそうで、案外親戚かも知れませんね。

投稿: ましま | 2018年2月 1日 (木) 19時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/72822031

この記事へのトラックバック一覧です: ヒスイ原産地:

« 押しつけ憲法再評価 | トップページ | 核兵器関連年表 »