« 謹賀新年 | トップページ | 上野・不忍池 »

2018年1月 3日 (水)

朝鮮南北の分断

去年ほど北朝鮮がニュース種になった年は無かっただろう。連続するミサイル発射、水爆実験そして無数の小舟漂着である。このブログでもずいぶん取り上げた。一般の報道は、北朝鮮と韓国は別である。

韓国は朴槿恵大統領と、従軍慰安婦問題にスポットが当たった。いずれにしろ日本にとって時には困った、時には腹立たしいニュースばかりだが、なにか隣の国日本から見て、南北全く別の国に見えるだろう。

古代に3国時代と呼ばれた時期があるが、明治43年(1910)に日本が併合する前まで、李氏朝鮮(この呼び方を韓国は嫌っている)という統一した国だった。同じ言語、特有の文字、同じ風俗で南北に分断される必然性はなかった。

分断の憂き目を見る最大の原因は、日本の敗戦である。日本は連合軍に占領された。本土と朝鮮南部は主に米軍、朝鮮北部はソ連というすみ分けが、解決の道がない民族の悲劇を生んでいるという割り切り方である。

南北の対立は、東西対立つまり共産主義・社会主義対自由・民主主義にあるというのが、一般的な解釈だろうが、それは違う。ズバリ言えば、朝鮮半島の深刻な本家争いになってしまっているということだろう。

朝鮮半島の独立は、自らの力で勝ち取ったものではない。それは誇り高い民族にとって消すことのできないトラウマといえる。北には、金日成が白頭山で抗日パルチザンとして戦ったという伝説ができ、南は上海に李承晩を首相とする亡命政権(国際的承認はない)がそのルーツであると韓国憲法に書いてある。

しかし、日本の敗戦後3年ほどの間の歴史は日本からは見えず、今や完全に忘却の彼方に追いやられたのではなかろうか。当初はアメリカ、ソ連ともに分断国家を目指していた訳ではなく、朝鮮人自身には当然のことながら南北を区別する意識などなかった。

それが超えがたい壁として立ちはだかったのは、米ソ間の覇権争い激化である。アメリカにとって、果てしない共産主義輸出をくい止めることが、最大の国是と考えられるようになってからである。

そして、日本占領が「連合軍」と呼ばれる実質米軍であったように、在韓米軍の指揮も当初マッカーサー元帥が取った。その体制は現在に至るまで続いている。また、半島の統一を主張し続けたのは、韓国内では終始共産党や左翼陣営であった。

新年になってからも、金正恩や韓国文政権が話し合いを模索しているニュースが飛び交い関係改善に向かう可能性はあるものの、半世紀を越える現状を無視して北主導による統一は実現不可能であると言っていい。

このまま推移すると、両国の主導権争いで「反日」「嫌日」を競い合うという困ったことになりかねない。日本はこれにどう対処したらいいのか。アメリカと歩調を合わせればいいというわけにはいかなくなる。政府をはじめ日本として真剣に考えている向きはすくないのではないか。

戦後から、南北政権ができるまでを簡単な年表にしてみた。ここから分裂の原点を考えてみなくてはならない。

1945//8 ソ連、対日駆け込み参戦
    8/9 米、38度線分割占領をソ連に提案

        8/15 終戦の詔勅・玉音放送
        呂運亨(ロウンシュン=共産党員・穏健左派)安在鴻(アンジェホン=右派独立運動家・学者)による「建国準備委員会」が総督府から行政権を譲り受け。米軍上陸を前に「人民共和国」とする

    8/13 ソ連軍清津に上陸、26日平城へ

    8/25 米軍第24軍団、仁山に上陸一部ソウルへ

    9/上旬 金日成、元山上陸、平壌へ

    10/3 ソ連、民生部設置。プロテスタントによる自治組織ふえる

    10/10 米軍政長官、「朝鮮人民共和国」を否認

    10/26 李承晩、亡命先のアメリカから帰国「朝鮮独立促成中央協議会」結成

    12/  米・英・ソ、「信託統治構想」協議、南朝鮮で反対運動

 1946/6   李承晩、「南だけの単独政権構想」を演説

 1947/9   米、国連に朝鮮独立問題提訴:ソ連、米ソ両軍の朝鮮からの撤退を提案

   /11   国連総会、南北朝鮮選挙案可決

 1848/8/15 大韓民国樹立宣言、李承晩初代大統領に

 1948/9/9  朝鮮民主主義人民共和国樹立、金日成初代首相に

1949/10  中華人民共和国樹立

 1850/5   朝鮮戦争勃発

 

|

« 謹賀新年 | トップページ | 上野・不忍池 »

東アジア共同体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/72606028

この記事へのトラックバック一覧です: 朝鮮南北の分断:

« 謹賀新年 | トップページ | 上野・不忍池 »