« もみぢ | トップページ | 危険な米軍基地 »

2017年12月12日 (火)

雪下ろし汚職?

清水建設は11日、環境省や市町村から受注した福島県内の除染工事を統括する執行役員(60)が、同県西会津町にある実家の雪下ろしなどを1次下請け業者に無償で作業させていたと発表した。執行役員は費用33万2000円を業者へ支払い、8日辞職した。同社は「除染費用に関する不正はなかった」としている。(以下略・毎日新聞12月/12東京朝刊)

終戦の年をはさんで雪国の田舎に住んだ塾頭は、「えっ、これが執行役員の職を辞すほど重い犯罪?」と思ってしまった。或いはそうで、塾頭の頭が古いのかも知れない。

その当時、この地方でもまれに見る豪雪に見舞われた。男手のない自宅は、中学低学年の塾頭ひとりで「雪落とし」(そういう言葉だった)をした。それをしないと家中の戸障子が動かなくなる。

学校では、古い体育館の雪落としをクラス全員でやった。高さは軒先でも民家の2階以上ある。今なら児童虐待かも知れない。白米のおにぎり食べ放題で農家の田植えもやった。山林の開墾、暗渠排水工事でも報酬をもらった経験がない。

雪落としや、道路の除雪など、人が困っていること助けるのは、中学生にもなればあたりまえのことだった。清水建設の場合も、地位を利用して強制したのなら論外。下請け業者が自発的にやって、謝礼も断った、昔ならそんなこともありうる。

そうだ。「勤労奉仕」という言葉があったのだ。

|

« もみぢ | トップページ | 危険な米軍基地 »

戦中・戦後」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/72436611

この記事へのトラックバック一覧です: 雪下ろし汚職?:

« もみぢ | トップページ | 危険な米軍基地 »