« 今シーズン最低 | トップページ | 王子独裁に世界混乱 »

2017年11月18日 (土)

鉄拳制裁

総選挙後の臨時国会に世間は関心薄。それに引き替え力士のけんかが大ニュースだ。当事者は、横綱日馬富士と貴乃花部屋の東前頭8枚目の貴ノ岩だが、けんか当日の現場目撃証言や被害届の遅滞や診断書をめぐる疑問の続出に、マスコミの関心もモリ・カケ疑惑を押しのける勢い。

謎の張本人は、どうやら貴乃花親方。塾頭はそんな気がしてきた。部屋を持った当時、稽古場で竹刀を手にした親方の鋭い目つきをテレビの映像で見た。その前から兄弟の不仲が噂され、いい印象を持たなかったが、体罰本位の彼を見てすっかり嫌いになった。

その前に「戸塚ヨットスクール事件」というのがあって社会問題になったが、塾頭の体験は、中学生当時の戦中・戦後までさかのぼる。

同じ方向から通学する上級生が、下級生を集め、鉄拳制裁をする。整列させて、「1年生何某。一歩前」「前傾姿勢で歯を食いしばれ」「貴様はどこどこで敬礼をしなかった」。「バン、バン」。

話に聞く軍隊のしきたりとそっくりだ。先生の中にも鉄拳制裁常習者がいて恐れられた。戦後には自然消滅するはずだったが、新手が現れた。予科練などからの軍隊復学組である。

彼らは、すでに練習する飛行機もなかったはずだが、生きて復学することなど夢にも思わなかった。死を背負って帰ってきたのだ。そして彼らが鉄拳制裁の表にたつようになった。

搭乗訓練はできなかったが、こういったことならプロ仕込みだ。「にらまれない」よう、下級生は逃げて回った。そして、彼らを「ヨガラ」と呼んだ。「予科練ガエリ」と「ガラの悪い」の両方の意味が込められていたのだろう。

貴乃花親方は、自らの権限?を他人(日馬富士)に行使されて怒っているのだ

|

« 今シーズン最低 | トップページ | 王子独裁に世界混乱 »

戦中・戦後」カテゴリの記事

コメント

戸塚ヨットスクール、再開され現在も入校生が厳しい練習を行っていることが、先日のテレビで紹介されていました。
同じくあの戸塚宏校長が行っていました。

投稿: 玉井人ひろた | 2017年11月18日 (土) 19時24分

再開されているのですか――。
安倍一強の元で、自信を取り戻したのなら、嘆かわしい。
加計獣医大学に志願者殺到する怪現象が起きて、自民党が喜ぶ。などの図があれば、さらに空恐ろしい世に。

投稿: ましま | 2017年11月18日 (土) 19時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/72246015

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄拳制裁:

« 今シーズン最低 | トップページ | 王子独裁に世界混乱 »