« ISに勝ったのはロシア | トップページ | 市川市長選挙やりなおし »

2017年11月27日 (月)

中東情勢の様変わり

  今月下旬に入って21日そして前回と、中東で地殻変動が起きていることを書いた。イスラエルと中東諸国の間で、第一次中東戦争が始まってから来年で70年、アラブ対イスラエルそしてユダヤ対イスラムの対立の構図が、すっかり様相を変えたように見える。

イスラエルにとっての強敵は、パレスチナ解放同盟を支える隣の大国・エジプトであった。同じスンニ派の盟主・サウジアラビアは取り巻くイスラム国に石油資金で支えた。

4次にわたる中東戦争の結果は、エジプトがイスラエルに歯がたたないことを知って妥協の道をさぐり、変わって先頭に立ったのがイラクとシリアのバース党政権である。しかし、イラクはアメリカの侵攻で、シリアは反政府組織の武力反乱により牙を抜かれてしまった。

そしてISの勃興、世界を震撼させたテロリズムは、やがて世界を敵にまわした結果壊滅へ。ロシアのシリア介入と平定に向かった動きは、前述の通りだが、イスラエル建国に反抗するパレスチナ人に、イスラム・スンニ派の周辺諸国が加担して起きた当初の中東紛争の影は、も早見えにくくなった。

シリアの平定にロシアが成功すれば、シーア派・イランの立場が強くなる。塾頭は、ユダヤ対イスラム・スンニ派の戦いが、スンニ派対シーア派の対立激化に取って代わるのではないかという予想をしてみたのが前回である。

また、サウジでは皇太子への権力移行で、長年続いてきた王族路線が劇的に変化する兆しがあり、先が読めなくなったことも書いた。最大の経済的利害関係を持つのがアメリカである。トランプ政治の動きも不透明さに輪を掛けている。

エジプトの近況については、触れてこなかった、というより複雑過ぎて書けなかったのだ。そこに起きたのが24日のシナイ半島北部に起きた死傷者400数十人という同国最大のテロ事件である。

イスラム神秘主義信者の多いモスクが標的となり、犯人は武装軍団でISの旗を持っていたという。シナイ半島にはISに忠誠を誓った分派が存在するとされ、これまでも度々テロ実行宣言をしていた。

シリア・イラクから逃れてきたIS残党、或いはシナイ半島で元々勢力を持っていたムスリム同胞団が変貌したものとする見解があるが、塾頭はいずれも的はずれではないかと思う。そういう分子がいたとしてもテロ犯の主流とは思えない。

ISが本拠としていたシリア・イラクからは、いくつかの国を経由しないと入り込めない。また、IS残党がわざわざシナイ半島に来てテロを起こす理由にもとぼしい。

ムスリム同胞団も、スンニ派でイスラム原理主義をかざすが、もともとエジプトに基盤をおく「穏健派」とされていた。シナイ半島から隣接するガザ地区のムスリムを救援するため、地下道を通して食料や医療品の人道支援を続けたといわれ、ヨルダン川西岸地区のパレスチナ人からも厚く信頼されている。

エジプトでは、ジャスミン革命からの連鎖により独裁を続けたムバラク大統領が失脚した。そのあと行われた選挙で、ムスリム同胞団の広い支援を受けたムルシー政権が誕生した。ところが1年後には軍部のクーデターにより早くも倒壊、ムスリム同胞団も非合法化された。

その同胞団は、シナイ半島に逃げ込んだとされている。この度の組織的なテロを起こしたのは誰か、報道からは正体が分からない。エジプトのクーデターを起こしたのは、軍部とともに「世俗派」が加わったともされる。

テロ実行犯は、イスラム過激派ではなく、現在の権力を力で倒そうとする軍内部の反対派がそれを利用して引き起こしているのではないかとにらんでいる。

なぜならば、発生した地域が現軍事政権の強い地盤であることに加え、同国の収入を大きく支えているピラミッドなどへの外国人観光客が治安悪化のため激減、政権基盤を揺るがしかねない実情が生じている。いずれにしても情報が少ないので分からないことだらけだ。

こうして見ると、イスラム教最大勢力のスンニ派を率いる大国、エジプト、サウジともにまとまらない勢力となった。中東のイスラエル対アラブの対立が、イスラムの中のスンニ派対シーア派の衝突になるという見方もあるが、このままロシアのペースが効を奏し、長い紛争疲れからゆるい共存関係を探る時代になるのではないか――

これが塾頭の希望的楽観論である。

 

|

« ISに勝ったのはロシア | トップページ | 市川市長選挙やりなおし »

中近東」カテゴリの記事

コメント

灯油とガソリンは電力、いや電力以上に管理価格になりました。
オイルショックの際、石油業界は不正カルテルを結んだとして摘発され、社長は刑事犯人となり、田中首相は「諸悪の根元」と非難しました。
価格協定をしたと称される会議は、実は製品不足を恐れた通産省が主導して開かれたもので、同省の役人も参加していました。
管理価格っぽいのは、その名残ですね。
有罪判決を受けた社長は、その後なぜか若死しています。

投稿: ましま | 2017年11月29日 (水) 14時44分

私の地域にとっては、中東情勢の混乱なのかどうかは知りませんが、続いている灯油の値上がりがとてもつらい状態です。

投稿: 玉井人ひろた | 2017年11月29日 (水) 09時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中東情勢の様変わり:

« ISに勝ったのはロシア | トップページ | 市川市長選挙やりなおし »