« 王子独裁に世界混乱 | トップページ | 昭和の歌 »

2017年11月22日 (水)

政党隠し横行

東京都に隣接する千葉県市川市では、4日後の26日に市長選と市議補欠戦挙が行われる。いずれも1人だけを選ぶ選挙である。衆院選でも選挙区で当選するのは1人だけで、これが、自民党から国民の支持以上の当選者を出してしまうからくりである。

同市の市長立候補者は5人。市議が6人であるが、いずれも無所属とする中、政党推薦を掲げているのは、市長・市議それぞれに自民推薦が1人いるだけである。

あとは公報の経歴などで調べると、市長候補では自民党所属とする人が1人いて推薦候補と相打ちになる。ほかに、かつて民主党議員だった人1人。それ以外は明記がない。それでも5人のうち1人をのぞけば、どうやら名は聞いたことがある。

元民主党議員は、共産党の支援を受けていることがわかっているが、全く表に出さない。民進・立憲も、体制が整わないせいか隠れたまま。同じようなことは自民推薦に公明が付いているかも知れないが、それも表に出てこない。

表に出すと、自民以外では票が増えるより逃げることの方を心配しているように見える。市議選では自民推薦とする人を含め、全員知らない人ばかりだ。似たような公約だけでは選びようがない。

何人かが当選する選挙なら、所属政党を判断基準としたがそれもできない。中央政界の病弊がここにも及んでいる。自民がこけるのを待っているようではだめだ。学生・労働者などを含めた市民運動の復活を夢見るしかない。

 

|

« 王子独裁に世界混乱 | トップページ | 昭和の歌 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

地方自治体の首長選は殆どがそういう感じじゃないでしょうか。
我が村の村長選では、自民と共産も共闘でした

投稿: 玉井人ひろた | 2017年11月23日 (木) 08時34分

昔からそういう傾向がありますね。多選を重ね首長の権力が大きくなって議員を見下すようになると、各党はそろって新人で物分かりのいい人を推す。
各党市議もオール与党の立場にいたいという心境でしょう。外交や憲法がからまないからそれでもいいといえばそうですが。
問題は、国会議員選挙の際の支持基盤となってかげの応援団となる事です。

投稿: ましま | 2017年11月23日 (木) 10時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/72277978

この記事へのトラックバック一覧です: 政党隠し横行:

« 王子独裁に世界混乱 | トップページ | 昭和の歌 »