« 希望的観測は「希望」の凋落 | トップページ | ノーベル賞と公約 »

2017年10月 6日 (金)

古典で見る地震記録

[ストックホルム 5日 ロイター] - スウェーデン・アカデミーは5日、2017年のノーベル文学賞を長崎県生まれの英国人小説家カズオ・イシグロ氏(62)に授与すると発表した。受賞理由で「世界とつながっているという幻想的な感覚にひそむ深淵」を明らかにしたと評価した。

今朝の朝刊ではあまり大きく取り上げていませんが、素晴らしいことだと思います。まだ対象となった本を読んでいません。そのうち日本の古典も、戦争、大規模自然災害がもたらす脅威そして無常観など、世界につながる感覚が、見いだされるのではないでしょうか。

先月メキシコで大地震が起きたばかりですが、太平記、方丈記などには自然災害の記録が克明に記されています。それが、後世への貴重な教訓となり、日本の文化にしみこんできました。

方丈記から元歴地震の記事を引用してみましょう。(『新訂方丈記』岩波文庫より。注記は塾頭)

又同じころかとよ。(注・太平記に類似する記事があり、元歴2/1185年7月9日午の刻とわかる)おびたゝしく大地震(なる)振ること侍りき。そのさま、世の常ならず。山は崩れて河を埋み、海は傾きて陸地をひたせり。

土さけて水わきいで、巌われて谷にまろびいる。渚漕ぐ船は波にたゞよひ、道ゆく馬は足の立ちどをまどわす。都のほとりには、在々所々堂舎塔廟、ひとつとして全からず。或は崩れ或は倒れぬ。

盛りなる煙の如し。地の動き、家の破るゝ音、雷にことならず。家の内にをれば忽ちにひしげなんとす。走り出づれば、地われきく。羽なければ、空をも飛ぶべからず。竜ならばや、雲にも乗らむ。恐れのなかに恐るべかりけるは、只地震なりけりとこそ覚え侍りしか。

そのなごり(注・余震)しばしは絶えず。世の常驚くほどの地震、二三十度振らぬ日はなし。十日廿過ぎにしかば、ようよう間遠になりて、或は四五度、二三度、若しは一日まぜ(注・おき)、二三日に一度など、おおかたそのなごり、三月ばかりや侍りけむ。

四大種(注・地、水、火、風)のなかに水火風は常に害をなせど、大地にいたりてはことなる変をなさず。昔斉衡のころとか(注・斉衡三/856年)、大地震振りて、東大寺の仏の恩頭落ちなど、いみじき事ども侍りけれども、なおこの度にはしからずとぞ。

すなわちは、人みなあじきことなき(注・情けない。はかない。どうにもならない)事を述べて、いさゝか心の濁りもうすらぐと見えしかど、月日重なり、年経にし後は、ことばにかけて言い出づる人だになし。(後略)

|

« 希望的観測は「希望」の凋落 | トップページ | ノーベル賞と公約 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/71900858

この記事へのトラックバック一覧です: 古典で見る地震記録:

« 希望的観測は「希望」の凋落 | トップページ | ノーベル賞と公約 »