« 政界・オレオレ詐欺 | トップページ | 立憲民主党 »

2017年10月 2日 (月)

新党に求められるインパクト

「魑魅魍魎」「百鬼夜行」、日々の政治ニュースを見聞きすると、この4文字熟語が浮かぶだけで記事を作る意欲もなくなる。枝野幸男民進党代表代行(今もこの肩書きでいいのかな?)がリベラル新党の立ち上げを言い出したという。

新党名は、「民主党」が候補のようだ。下々は、未だ「民進党」になじんでおらず言葉の端々に「民主党」も顔を出している。以前、同氏の改憲私案を「現行憲法のような感動的な筋立てがなく、木に竹を接いだようなつじつま合わせで、官僚の下手な作文のようだと批判したことがあった。

まったくこれと同じだ。国民にとって何の感動も与えない。小池都知事が、国政新党「希望の党」を何ヶ月も前から商標登録していたというのと大違いだ。リベラル新党自体は、この騒ぎの前から当塾の持論だったが、この党名に、民主党内閣出現当時の勢いと新鮮さを取り戻したいという意図があるのか。

もしそうなら、当時の立て役者である鳩山由紀夫元首相や菅直人元首相を発起人に加えることだ。そして、これまでの民進党の主張のほか、沖縄辺野古基地移転撤回、原発ゼロを目指すことにより、新党の掲げる対抗軸をより強化明確にする必要がある。

とにかく、国民にわかりやすい「顔」と「主張」がなければ、新党に投票しようと言う気が起こらないことだけは確言できる。

|

« 政界・オレオレ詐欺 | トップページ | 立憲民主党 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/71864667

この記事へのトラックバック一覧です: 新党に求められるインパクト:

« 政界・オレオレ詐欺 | トップページ | 立憲民主党 »