« 反日のない中国史 | トップページ | もう「秋深し」? »

2017年9月 2日 (土)

結・前原対枝野

民進党代表選が昨日終わった。NHK夕方7時のニュースは、ニュース項目中5番目で最後の方。ハプニングがなく予想通りだとしても、これはひどい。トップのサッカーW杯代表出場決定もハプニングというほどではないのに、野党第一党代表決定の方は、片隅に置かれた。

その点、今日の新聞はやや詳しいが、「解党的出直しを」という中味は、何度読み直してもわからない。その一方で党の一致団結優先という。結局どこが変わるのか、これから手探りで決めていくということらしい。

自民党との対抗軸、共産党や連合とのけじめ、憲法厳守か手直しか、その他国民が知りたいことが山ほどあった。これらは「挙党一致」の犠牲になってしまった。これから出てくる政党支持率、劇的な変化がないことだけは断言できる。

 

|

« 反日のない中国史 | トップページ | もう「秋深し」? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/71592086

この記事へのトラックバック一覧です: 結・前原対枝野:

« 反日のない中国史 | トップページ | もう「秋深し」? »