« 巨木の運命 | トップページ | 政界・オレオレ詐欺 »

2017年9月28日 (木)

民進党怪倒

  野田佳彦が民主党政権を投げ出してから、本塾が「解党的出直し」を言うのは今回で10回目になる。それが、小池百合子都知事を党首とする希望の党スタートがわかると、前原誠司民進党代表は参院を除く党全体をそこに投げ込み、独自候補は立てないことにした。

まさに解党(怪倒)的だが、出直しはない。この結論、塾頭が日頃不愉快に感じている、テレビ画面で人の顔を丸いパターンで覆う場面を見るような気がした。最初は、犯罪容疑者のプライバシー保護が目的だったのかも知れない。

それがこのところ、番組の中でもやたらに増えている。顔は人格のもっとも大切な部分である。それを傷つけたり汚しているように見えてしまう。面汚し、体面、面目、そして面子のためには命をかけることすらあるというのが塾頭の感覚だ。

民進党は、代表提案を満場一致で可決したという。これは、まさに全員の顔を見えなくした群像を作ったようだ。安倍支配からの脱却を図ることはもちろん喫緊の急務である。しかしこんなことでできる「希望の党」は不気味だ。

これでは、安倍をひっこめた自民党の方がまだまし、ということになりはしないか。

 

|

« 巨木の運命 | トップページ | 政界・オレオレ詐欺 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/71834009

この記事へのトラックバック一覧です: 民進党怪倒:

» 前門の虎、後門の狼の二大政党制。 [飯大蔵の言いたい事]
 保守2代政党制は保守党の70年の念願だ。自民党を出た人たちが新党を作り壊しつつ狙ってきた形だ。そのポイントは旧社会党の残党を如何に片付けるかだ。 [続きを読む]

受信: 2017年9月29日 (金) 00時24分

« 巨木の運命 | トップページ | 政界・オレオレ詐欺 »