« 続・トランプと金正恩 | トップページ | 終戦記念日と人間喪失 »

2017年8月14日 (月)

1000字

小学生の頃、1000字の宿題というのがあった。漢字を1000字、ノートに書いて提出する。同じ文字を20回ずつ50種類書いてもいい。けっこう苦痛だった記憶がある。

このブログも、1回で原則1000字未満を心がけている。それは、読みやすい図書は、小見出しひとつをおおむね1000字以内におさめていることを、体験として知っていたからだ。

ある心理学の本を読んでいたら、人間が自分の全能力をあげて一つのことに集中できるのは、およそ3分間とある。将棋のプロなどのような「長考」になれた人でも、3分ほどもたつと思考の「ムダ弾」が殖え堂々めぐりになるそうだ。

なるほど。約1000字を読む時間を計ってみたら3分前後。やっぱり合っている。この文は3分の1程度に過ぎないが、書くのに必要な時間は10倍ではとても足りない。遅筆で有名な故・井上ひさし旧宅が近所にあるからかな。σ(^^)

|

« 続・トランプと金正恩 | トップページ | 終戦記念日と人間喪失 »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1000字:

« 続・トランプと金正恩 | トップページ | 終戦記念日と人間喪失 »