« 内閣支持率↓↓毎月10% | トップページ | すさまじきもの »

2017年7月26日 (水)

[怖]政治空白

2日間の国会集中審議が終わった。これで与党は態勢立て直しを図ろうとしているが、失敗すれは内閣支持率が10%代となって政権交代へ、と予測した。

さて結果はどうか。信頼回復どころか不信感が増大する一方だった。だから攻める野党側がポイントを挙げたかというと、予想通り新たな決定打はなかった。

討論の矛先のほとんどが加計学園問題に向けられ、首相の隣に座っていた稲田防衛相には、陸自の日報隠匿で実りのない質疑が繰り返されただけで、同大臣は時々笑顔さえ見せた。

地頭は、今回の攻めどころの第一は、稲田大臣の法律違反行為であり、それを罷免できない首相への追及だと思っていたが、残念ながら質問者からそこをつく厳しさは感じられなかった。

都議選の自民党候補の応援演説で「防衛省、自衛隊の立場からもよろしくお願いします」と明言したことだ。立場を利用した選挙運動は、公選法、自衛隊法だけでなく憲法違反になりかねない暴挙である。

先月26日付で「これは大変だ、都議選も安倍自民党もこれでアウト」と書いた。繁華街の交差点を赤信号無視で突っ走った警察署長と同じだ。防衛省は安全と人命がかかっているだけに、法律無視は大事故にさえつながる。

大勢の人がこれを見ている。「撤回します、取り消します」が利かない世界だ。事故が起きなかったからいい、で済ますわけにはいかない。法律違反の告発者がでてこないのは、起訴猶予になってしまうからだろうか。

せめて、国会でこの件を加計以上に突っ込むべきだったが、同じ日のニュースになったのは、野党とは名ばかりになってしまった第2党の民進党・野田幹事長が、都議選敗退の責任をとって辞任するという体たらくだ。蓮舫代表も安倍首相と違った意味で任命責任を問われる。

さあ、これでどうなるのだろう。国民が頼るべき政党が見当たらない。歴史上まれに見る政治空白だ。こういう時に起きやすいのが、クーデター・革命・戦争・ゼネスト……。今の政治家には、そんな危機感が全くない、ということは極めて低レベルな日常に安眠しているということだろう。

窮余の策として、望まない小池都知事ではあるが、頼らざるを得なくなるということか。

|

« 内閣支持率↓↓毎月10% | トップページ | すさまじきもの »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/71245950

この記事へのトラックバック一覧です: [怖]政治空白:

« 内閣支持率↓↓毎月10% | トップページ | すさまじきもの »