« 都だった福岡県朝倉市 | トップページ | 憲法に自衛隊を書くなら »

2017年7月 7日 (金)

年号

今日は、2017年7月7日。普通の年なら七夕だが、今年は7が三つならぶ。トランプゲームなら7ならべ、七を三つ重ねれば俗字で「喜」が浮かぶ。

塾頭は元号が苦手で、今年が平成何年かパッと出てこない。歴史に親しむ上では、西暦の方が何年前かがわかりやすい。考古学とか世界史との関連を言うときは~世紀をよく使うが西暦600年代が6世紀ではなく、1を足して7世紀であることに気をつけなくてはならない。紀元前○世紀も同じである。

そもそも元号は、日本の敗戦で法的根拠がなくなり、1979年(昭和54年)6月6日、昭和天皇のなくなる10年前に「元号法」として成立したもので、満場一致ではなかった。

新聞は、産経などを除きほとんどが西暦を優先している。元号をかたくなに守り続けているのが役所である。確定申告は年、提出期限は年度となるため、それでなくても弱い塾頭の頭は大混乱になる。

この記事は、朝方投稿しようと思ったが夕方になってしまった。

|

« 都だった福岡県朝倉市 | トップページ | 憲法に自衛隊を書くなら »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

私の亡き父は大正14年生まれで、翌年が昭和元年になったため「おれは元号年を見れば自分の年齢が解る」というのが、口癖でした。
それが平成に変わったときに「これではおれの歳が解らん」と言っていました。

投稿: 玉井人ひろた | 2017年7月 8日 (土) 07時50分

元号をかたくなに守り続けているのが役所である。確定申告は年、提出期限は年度となるため、それでなくても弱い塾頭の頭は大混乱になる。

確かに行政文書については、あくまでも和暦印字されたりしていますが、市役所などで住民票の交付の申請書などに記載する日付については、和暦か西暦か、どちらかを選択することが出来る様になっているだけでも、むしろ高齢者にとっては、元号だけは残しておいても何らデメリットにもなるわけでもないし、天皇陛下が生前退位されることにより元号が、平成から新たな元号に変わることに成ったとしても、コンピューターシステム上では、全て西暦で保存されているわけだし、和暦か西暦で入力もしくは出力する際に、共通機能を使って、西和暦変換するところだけを改修すれば、これを利用している機能のところで動作確認しておくこととすれば、今後、インドや中国などでのオフショア開発なども、どんどん展開していくことに成ったとしても、この肝心の西和暦変換処理だけを、日本だけの国内仕様としてオプションとして置けば、他国などで、独自のものを文化的な背景から利用しているのだとすれば、これもまた、他国独自のオプション機能として入れ替えればよいだけのことですよね。

投稿: asa | 2017年7月 9日 (日) 11時07分

玉井人 ひろた さま
♪昭和 昭和 昭和の子供だ僕たちは
という童謡がありましたが
平成については聞きませんね。ヘーセイ……というのは歌詞にしてもどうもしまらない感じです。

投稿: ましま | 2017年7月 9日 (日) 13時15分

asa さま
後世まで残る元号に元禄がありますが、後は応仁、天明、明治ぐらいか。昭和も入るかも知れませんね。

投稿: ましま | 2017年7月 9日 (日) 13時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/71076429

この記事へのトラックバック一覧です: 年号:

« 都だった福岡県朝倉市 | トップページ | 憲法に自衛隊を書くなら »