« 死刑廃止議論 | トップページ | 解散総選挙はまだ早い »

2017年7月15日 (土)

劉暁波氏の追悼ができない中国

「死せる孔明生ける仲達を走らす」。三国志に由来するこのことわざは、日本でもよく知られている。中国ではどうなのだろうか?。

民主活動家でノーベル平和賞受賞者の劉暁波氏が国外での治療などを望んだが、拘束されたまま死去したことで欧米などからの批判が高まっている。

これに対して、中国当局は、国内向け報道は事実を秘匿、死体処理も消却して散骨するなど、のちに顕彰されるようなことのないよう遺族に干渉しているという。ネットも関連の検索ができないようにしており、海外へは「批判は内政干渉」と抗議している。

そこで、冒頭のことわざを思い出したのだが、中国当局の措置や弁明が苦し紛れなものであることが、中国人の中でも党関係者など一部の硬骨漢以外には常識として通るような気がする。

中国にも建前として言論の自由はある。国名も「人民共和国」である。しばしば言われるように、中国では政府機関より「党」が優先される。その党は「人民を教育」する任務を負っている。

だからそれに反することはしてはいけないのである。「国家反逆罪」ではなく党には逆らえない世界だということである。多くの市民は、党はここまで豊かにしてくれたのだから、「メンファーズ」漢字で書くと「没有法子(メイユーファーツ)」ということであろう。

この言葉は、戦中帰還兵などを通じてもたらされ、中国人のよく使う言葉として日本語化していた。「仕様がない、あなたに合わせよう」といった感じである。

秋葉原で「こんな人たちに私たちは負けるわけにはいかない」といった安倍首相の発言が批判を受けているが、中国に比べれば立派。ただし「議会やネットを通じて議論しよう」と続ければよかった。

|

« 死刑廃止議論 | トップページ | 解散総選挙はまだ早い »

東アジア共同体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/71145085

この記事へのトラックバック一覧です: 劉暁波氏の追悼ができない中国:

« 死刑廃止議論 | トップページ | 解散総選挙はまだ早い »