« すさまじきもの | トップページ | 白鵬&朝鮮人学校 »

2017年7月28日 (金)

辞任ラッシュと混乱

日々話題にならない日はない渦中の2人の女性政治家、それが揃って同じ日に突如辞任を発表した。防衛大臣稲田朋美と民進党代表蓮舫だ。本人たちも一昨日までその気が毛頭なかったことになっていた。

たびたび書く「政治不信」だが、これには「あきれかえる」がつく。中でも、稲田大臣はどのような理由をあげても虚言、偽証、背任の事実から逃れることはできない、つまり、いいわけは何一つ通らない、というひどさだ。

稲田辞任は、安倍首相を救うどころか、失速・錐もみ状態が避けられなくなった。蓮舫代表は、野田幹事長辞任のダメージを修復すべく後任人事など役員刷新で乗り切るつもりだったが、次々と辞退され、本人の辞任に追い込まれたと言われる。安倍内閣改造人事もこれに劣らず難航し窮地に追い込まれると見る。

民進党は、前原・枝野氏などの立候補が噂されるが、どうみても焼き直しと見られるだろう。トップの新鮮なイメージと、自民党との対決政策は必須条件だ。

当塾は、「解党的出直し」をいっている。国民の切なる願いの前に、政党助成金がどうの、野党共闘がどうのなど、低次元の発想はやめてほしい。どういう手順をふむか、音頭をとるのは誰かの難問があるが、臨時国会までにはその姿を見たいものだ。

 

|

« すさまじきもの | トップページ | 白鵬&朝鮮人学校 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/71263542

この記事へのトラックバック一覧です: 辞任ラッシュと混乱:

« すさまじきもの | トップページ | 白鵬&朝鮮人学校 »