« 反戦塾乗17/6/30 | トップページ | 忖度時代に幕 »

2017年7月 1日 (土)

さあ、都議選投票日

朝刊の第一報を見てすぐ書いたのが4日前の「稲田演説完全アウト」である。その都議選投票日が明日に迫った。なぜ、素人でも「アウト」とすぐわかったか、それは過去、別々の知人の選挙運動を2度応援した経験があるからである。

 

遊説、ビラ配り、郵便宛名書きに至るまで、選挙参謀から「対立候補が目を光らせているから」といって、選挙違反の嫌疑を受けないように細かい点まで注意を受けた。

 

その参謀も、公職選挙法でも微妙なところでは「選挙管理委員会にいちいちお伺いをたてている」と言っていた。だから、防衛大臣でも公務員でもない塾頭がブログを書いていても、選挙期間中はやはりすこし気になる。

 

この前の演説の際、選挙参謀はいなかったのだろうか。いや、いてもまさか弁護士で現職の特別公務員のトップに近い人“稲田さま”に、ご注意申し上げるなど思いもよらなかっただろう。

 

安倍首相の失敗は、空席が許されない防衛相を首相が兼任してでも、直ちに更迭しなかったことだ。先延ばししてほとぼりがさめるどころか、この4日間でマスコミをはじめ身内からも日増しに批判が高まった。

 

あとは開票結果を待つだけ。惨敗すれば内閣改造に首相も含めなければならない。

 

|

« 反戦塾乗17/6/30 | トップページ | 忖度時代に幕 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/71017361

この記事へのトラックバック一覧です: さあ、都議選投票日:

« 反戦塾乗17/6/30 | トップページ | 忖度時代に幕 »