« 世間に刃向かう人 | トップページ | 「カタール」に落ちた »

2017年6月12日 (月)

アジサイ、という花

2017_06120001_2
 例年あまり気にかけていなかったが、我が家の狭い庭にもアジサイが咲く。花の名所は「全山桜」とか「全山紅葉」などにぎやかなのが好まれる。近所にアジサイ寺というのがあるが、1株ずつばらばらと違う種類というのもまた乙だ。

そもそも日本に固有種があり、この時期日本で愛でられる花だ。シーボルトは愛妾「おたきさん」の名をとって「オタクサ」と名付けた。永井荷風も、若くして命を失った不幸な芸者の運命をつづった小説に、「あじさい」という題をつけた。2017_06120002_2 桜の派手さがなく、花札にも採用されていない。梅雨を連想させる地味なところがあるが、やはり日本の美を代表する花としたい。

2017_06120006_2


2017_06120005_2









2017_06120003_2

|

« 世間に刃向かう人 | トップページ | 「カタール」に落ちた »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/70838033

この記事へのトラックバック一覧です: アジサイ、という花:

» 紫陽花←アジサイと読むには無理がなくない? [  つぶやき古道(コミチ)]
アジサイの花は梅雨の時期の花のイメージの一番でしょうか?でも、思うんですよね。この「紫陽花」の漢字はかなり強引な読み方の漢字じゃないかと思いませんか? 若い人の言葉で言うと「「おかしくなくない」ですかね。言い難いなあ、これ!... [続きを読む]

受信: 2017年6月16日 (金) 09時16分

« 世間に刃向かう人 | トップページ | 「カタール」に落ちた »