« 日本の死んだ日 | トップページ | 砂上楼閣 »

2017年5月21日 (日)

南からきた日本人の先祖

 2017_05210001 沖縄県立埋蔵文化財センターが19日に発表したところによると、石垣島の白保竿根田原(しらほさおねたばる)洞穴遺跡から、旧石器時代の人骨を1000点超、少なくとも19人分が確認された。

 

 人骨の年代は2万7000~1万8000年前で全身そろった個体もあるという。『周辺国に向き合う日本人の歴史』という既著を持つ塾頭としては、日本人のルーツにも触れていることから見過ごせないニュースだ。

 

 日本人の先祖である縄文人は、陸続きだった間宮海峡、朝鮮海峡経由のアルタイ語系北方民族、琉球方面からの南方ポリネシア系民族ではないかと推定していた。

 

 その道の専門家ではないので確証とまではいえないが、「ジャブジャブ」とか「ソロソロ」といった重ね語はポリネシア系言語の特徴とされている。今回の発見遺骨は、はじめてDNA鑑定された。その結果、中国大陸南部や東南アジアなどが起源のパターンと判明した。

 

日本語は、中国語と文法が違うので、旧石器時代の縄文人が中国から来たとしても中原ではなく南端だろう。その後、山口県土井ヶ浜で発見された人骨が縄文人と違うタイプで中国・山東半島あたりの骨格と似ており、除福伝説の先駆をなす周の時代で弥生人の先祖とされている。

 

 石垣島で発見された人の子孫が島づたいに北上し、鹿児島あたりに上陸、南九州縄文人になったとすれば、最古の日本人遺骨となる。この縄文人は、喜界島の火山大爆発で全滅したといわれるが、ゼロになったとは思えない。後の薩摩隼人などに受け継がれたと想像したい。

 

 明治時代以降が日本人の住む日本であると信じている人は、これを機により永劫の昔に思いをはせた方がよさそうだ。

|

« 日本の死んだ日 | トップページ | 砂上楼閣 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

昔読んだ竹内均氏の著作によれば、日本人の祖先、縄文系の原・日本人は、ミクロネシア、ポリネシア方面から、カヌーのような船でやって来たのではないか、というものでした。
当時の人々は、正確に星を読み、潮流を知り、現代人が思っているよりも、よほど自由に島と島を行き来していたと推測したものです。

大陸から農業が伝わり、弥生系の人々が、増えてきて、原・日本人である、縄文人は、北(アイヌ系)と南(九州、沖縄)に追いやられたのかなあと、私も勝手に想像してました。
(完全な憶測ですが・・)

アマテラスや神武天皇の神話は、物語としておもしろいものですが、
真顔で明治維新のプロパガンダを利用している(信じている?)神道政治連盟とか、いかがなものかと思います。

でも、昭和初期に作られたという我が家の五月人形の神武天皇のお人形は、髭面でかなり濃いお顔ですから、縄文と弥生のハーフのイメージです(笑)

投稿: 金木犀 | 2017年5月22日 (月) 12時37分

金木犀さま コメントありがとうございます。

自宅の近くに縄文遺跡と弥生遺跡が存在します。また真間というアイヌ語の崖という意味とされる地名が現在でも生きており、人種的には完全混血がほとんどだったのでは、という感触を持っています。

投稿: ましま | 2017年5月22日 (月) 16時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/70627124

この記事へのトラックバック一覧です: 南からきた日本人の先祖:

« 日本の死んだ日 | トップページ | 砂上楼閣 »