« フランス大統領選、右傾化阻止 | トップページ | 「おばけ」改憲 »

2017年5月10日 (水)

韓国大統領に文氏

 フランスの大統領選にはしゃいで書いたのだから、隣国韓国をスルーというわけにいかない。別に書く義務はないのだが。

 

 親北朝鮮の革新系・文氏勝利も、フランス同様予想通りだった。フランスの場合、株式市場はEU安泰を歓迎して値上がりを見せたが、10日朝の日本市場は韓国の選挙結果を無視、各新聞は社説に掲げたものの、どこかよそ事のような書きぶりだった。

 

 ということは、誰がなっても日本にとっては同じ、ただ文氏の北朝鮮対策がどう展開するのか、各紙とも論説委員の意見がまとまらず、これまでの延長でしか先が見通せなかったということだろう。

 

 そこで、例により本塾なりの予想をしてみる。文氏の人柄、政治的立場もさることながら、アメリカ・トランプ大統領や、中国・習近平主席の対・北朝鮮政策にこれまでにない、そして金正恩主導下にある北にも微妙な変化があるという背景に注目する。

 

 残念ながら、日本の政治やマスコミはこの変化を懐疑的に見て、圧力強化以外に日本独自の平和構築策を持っていないということが災いしているのだ。

 

 米・中・韓・北の4カ国が連絡を取り合い、北の核実験・ミサイル開発の凍結、米韓同盟による共同訓練中止・北の現体制維持保証・核保有国黙認などの条件で折り合う可能性が出てきた。

 

 こうなると、残るのは南北統一までの両国の主導権争いだけである。そこで、両国による日本パッシング・日本ナッシングにますます拍車がかかることになり、慰安婦問題はもとより、拉致問題もますます手の届かないところへ行ってしまう。そして日本は世界の、そしてアジアの孤児のような立場に置かれる。

 

フランスの場合と違って、日本にとって最悪だ。よかったのは、半島の和平が実現し、日本へのミサイル攻撃など心配の種がやや減るだけということだけになる。米追随外交のつけが重くのしかかる。

|

« フランス大統領選、右傾化阻止 | トップページ | 「おばけ」改憲 »

東アジア共同体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/70521776

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国大統領に文氏:

» 韓国大統領に文在寅氏 [虎哲徒然日記]
韓国大統領選は9日、投開票され、進歩(革新)系の最大野党「共に民主党」の文在寅(ムンジェイン)・前代表(64)が当選を確実にした。KBSテレビなど韓国メディアが伝えた ... [続きを読む]

受信: 2017年5月10日 (水) 19時22分

« フランス大統領選、右傾化阻止 | トップページ | 「おばけ」改憲 »