« 『文春』対『新潮』バトル | トップページ | 一強安倍政権の正念場 »

2017年5月26日 (金)

「天下り」の善悪

昨日、前川・前文部科学事務次官の証言などを書いたが、ひとつ気になることがあった。元次官が天下り問題で引責辞任していたという問題だ。官邸や与党側は、それをもって発言の資格がないような言説を振りまいている。

彼の為したことや職権に何の知識もないので、特定の事例を取り上げないが、「天下り」という言葉のイメージが悪い。通常行われている人事斡旋なら、管理職の仕事として、日頃心がけておくべきことである。

いろんなケースの中で「天下り」して糾弾されるのはこういうことだろう。

受け入れ側が取引先や助成または投資対象で、断るとことにより決定的な不利が予測される場合。

受け入れを条件に反対給付をちらつかせている場合。

受け入れる理由も意図もない相手先への強制。

④待遇や受け入れ期間などを定め、順送りルールを決めている場合(ただし政府機関やこれに準ずる外郭団体などをのぞく)

逆にいい場合もある。

 相手先から経験や専門知識を買われて斡旋を求められている場合(大学教授や特殊資格など)。

 対役所窓口要員として(ただし上記の悪い場合に結びつく危険多し)。

 過疎地などで人材確保が困難な場合。

以上書いては見たものの、善悪の区分はかなり曖昧だ。天下り斡旋がすべて悪なら、再就職はすべて職安で世話するとか、委員会のような集団によるチェックをするしかない。

組織、また人事の運用上マイナス面も考え、この先も続けるとすれば、当事者は、万一に備えてしっかり個人メモを取り保存して置くことだ。

|

« 『文春』対『新潮』バトル | トップページ | 一強安倍政権の正念場 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/70677308

この記事へのトラックバック一覧です: 「天下り」の善悪:

» 悪は栄えて正義は滅ぶ [岩下俊三のブログ]
まず冒頭の写真と安倍内閣は何の関係もありません。勝手に類似性を論うような人物はお縄になるか個人的醜聞で人格を攻撃されますから注意してください。 ところで 少しでもビジネ ...... [続きを読む]

受信: 2017年5月29日 (月) 08時38分

« 『文春』対『新潮』バトル | トップページ | 一強安倍政権の正念場 »