« ハングルとミサイル | トップページ | 自動運転車採用を急げ »

2017年5月18日 (木)

盟神探湯を復活せよ

「くがたち」と読む。日本古代に行われた裁判の方法で、真実を隠したり偽りの証言をする容疑者が受ける裁判の方法。沸いた湯の中の小石をとらせ、手がただれる者は有罪、そうならない者は無罪となる。

「わが家系は、何某何代の子孫」などと、猟官、つまり就活で経歴詐称をする者があまり多いので、そんなときにまとめて実施した。近くは室町時代にもあったという。

 なぜ、持ち出したかというと、内閣・政府、官僚の疑惑隠しだ。森友学園、加計学園と首相の関与が相次いで指摘され、森友に続き加計でも、首相の関係を示唆する省庁の文書が大量に暴露された。

ここまで明かされれば、ふつうなら「恐れ入りました」となるはずだ。しかし一強首相は、官房長官に「無関係、怪文書の類」などと言わせるだけで楽に乗り切れると涼しい顔。

 善良な国民は「首相がそういうのなら、そうなんだろう」と頼りない。そこで必要になってくるのが盟神探湯だ。首相自身は最高権力者だから、それを課す方で対象にはならない。

しかし、官僚や双方の「名誉校長」などを引き受けた首相夫人(民間人)は違う。おおみたから(『日本書紀』人民・億兆の読み)から疑われるようなことがあれば放置できない。盟神探湯復活だ。それを逃れたい容疑者は事前に真実を告白、また、強い信念を持つものなら神を信じて受けて立つだろう。

今の盟神探湯は、議会の証人喚問である。野党は「神」にほど遠い存在だがないよりはマシというべきか。

|

« ハングルとミサイル | トップページ | 自動運転車採用を急げ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/70598429

この記事へのトラックバック一覧です: 盟神探湯を復活せよ:

« ハングルとミサイル | トップページ | 自動運転車採用を急げ »