« アオサギ | トップページ | 盟神探湯を復活せよ »

2017年5月16日 (火)

ハングルとミサイル

 北朝鮮の新型ミサイルとやらで日本中大騒ぎである。その行動がけしからんことは世界の共通認識だが、これほど騒いでいる国は日本だけだろう。ソウルを火の海にするなどと言われている韓国、今回の弾道で韓国内に向けられたら大変、などとは思っていないようだ。

 

 北朝鮮は、今度のミサイルを「主体技術」と誇っていることに、日本はあまり注目していない。当塾はこれまで金日成の「主体(チュチェ)思想」とか「主体性論争」といった北朝鮮建国の根本理念に何回もふれてきた。

 

 朝鮮民族は、有史以前から周辺強国の圧力に蹂躙されながら、その強国に屈服をすることをもってよし、とする買弁階層も存在した。そのため絶えず民衆は苦難にさらされ、「恨」が国民性として根付いたともいわれる。

 その反面、自尊心や同族意識の高さも世界トップレベルである。多くの発明を自国のものとする我田引水、さらに、世界でここしか通用しない朝鮮発明のハングル文字優先で、自らの姓名の由来である漢字まで追放してしまった。

  塾頭は、朝鮮人を批判しようと思って書いているのではない。他国の影響・支配に対抗し、自らよって立つ独自のアイデンティティーをうち立てようという決意を建国の柱にしたのが、金日成のいわゆる「主体思想」である。

  この理念は、韓国人でも容易に共有できる。北朝鮮が誇るミサイルが韓国に落ちてくることはないし、その高い技術は同胞の誇りでもある。この矛盾に満ちた複雑な心情は、日本人に理解しがたい。ハングルとミサイルは根が同じなのである。

|

« アオサギ | トップページ | 盟神探湯を復活せよ »

東アジア共同体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/70579328

この記事へのトラックバック一覧です: ハングルとミサイル:

« アオサギ | トップページ | 盟神探湯を復活せよ »