« 野党議員総辞職 | トップページ | プーチンの本音 »

2017年4月24日 (月)

マクロン氏優勢

仏大統領選の開票が進んでいる。ロイターが伝える。

 

仏内務省の開票速報によると、2000万票時点ではルペン氏の得票率が24.38%、マクロン氏22.19%、フィヨン氏19.63%、極左候補のメランション氏18.09%だったが、大都市で作業が進むとマクロン氏が逆転。

有権者数4700万人中ほぼすべての4600万票の開票が終了した時点で、マクロン氏23.82%、ルペン氏21.58%、フィヨン氏19.96%、メランション氏19.49%となっている。

これで決選投票確実。マクロン氏は、「私はナショナリストの脅威に立ち向かう愛国者の大統領になりたい」と述べた。

 

“かっこいいー!!”ヽ(´▽`)/

|

« 野党議員総辞職 | トップページ | プーチンの本音 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ナショナリストと愛国主義者はどう違うのですか?

投稿: ミスター珍 | 2017年4月24日 (月) 20時30分

転記ミスです。

:原典は「愛国者」でした。

ご指摘ありがとうございました。なお、フランス語の本文は見ていません。記事を訂正させてください。

投稿: ましま | 2017年4月25日 (火) 08時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/70362270

この記事へのトラックバック一覧です: マクロン氏優勢:

« 野党議員総辞職 | トップページ | プーチンの本音 »