« 戦略的忍耐と謀略的専横 | トップページ | トランプに精神障害 »

2017年4月15日 (土)

お粗末ニュース

電子版にないようなので全文引用させてもらう(毎日新聞4/15・東京朝刊)

自動運転機能を搭載した日産の試乗車を運転した客が、販売員の指示でブレーキをかけずに走行して追突する事故があり、警察庁などは、14日、店員の誤った認識が原因だったとして自動車業界の各団体に対し、機能の限界と注意点を正しく理解した上でユーザーに説明するよう要請した。

事故は昨年11月、千葉県八千代市で発生。日産の「セレナ」に試乗した男性(38)に、販売店員(28)が「本来はここでブレーキですが踏むのを我慢して」と指示、そのまま停車中の車に追突して2人が軽傷を負った。

 警察庁などによると、現場は当時、薄暮の小雨でワイパーが作動していた。停車中の車のカラーも黒で自動制御センサーが認識しにくい状況だったことから「衝突被害軽減ブレーキ」が作動しなかったという。警察庁担当者は「あらゆる環境で作動するとの誤った認識で技術を過信した」と指摘している。

 千葉県警は14日、業務上過失傷害容疑などで販売店員や店長(46)ら3人を書類送検した。

 

見出しは「自動運転ブレーキを踏まず事故」となっている。このごろは、毎日のように「完全自動運転」とか、高度な人工頭脳関連のニュースがある。そして、オリンピック開催時までには完全自動運転車が町を走るようになる、とはやしている。

 

時流に水をさす記事かなと思って読んだら、事故はなんと去年の11月のこと、ニュースではない。現場の千葉県警ではなく、送検の報告を受けた警察庁からの取材によるものである。

 

お粗末なのは、まずこの点。そして、雪道、大吹雪などならともかく、薄暮で黒い車で小雨程度、人間の視覚で認識できるようなことがセンサーではできない。そんなお粗末な自動運転車は、買う人がいないかではないかというのが第2点。

|

« 戦略的忍耐と謀略的専横 | トップページ | トランプに精神障害 »

マスコミ」カテゴリの記事

コメント

この「自動ブレーキシステム」搭載車が販売されてから、全てのメーカーで同じような事故が相次いでいるのですが、オスプレーと同じく国はだんまりを決め込んでいるようです。
それは大スポンサーの主が自動車メーカーであるマスメディアにも言えます。

よく言えば「必要な仕組みだから、最初はトラブルは続く、長い目で・・」と黙認状態なのかもしれませんが、重大事故ならどう扱うのでしょう?

投稿: 玉井人ひろた | 2017年4月16日 (日) 18時50分

誤爆もありの無人機爆撃技術などと関係があるのでしょうか?。

そうならおぞましい話です。

投稿: ましま | 2017年4月16日 (日) 20時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/70266378

この記事へのトラックバック一覧です: お粗末ニュース:

« 戦略的忍耐と謀略的専横 | トップページ | トランプに精神障害 »