« 銃剣道ははやらない | トップページ | 13年目 »

2017年4月11日 (火)

北朝鮮と主体思想

 北朝鮮をめぐる危機が、アメリカのシリア空爆との関連と、米軍艦隊の急派で緊迫している。もとは、国連決議を無視してミサイル発射や核実験を繰り返す金正恩独走で、一触即発のように言い立てるものもいる。

 

 中でも、政府や東西冷戦思考の抜けない右派系論者は、中国やロシアが制裁に手抜きをしているからだと信じている。

ところが、先代の正日が「中国を信頼してはいけない」ということを正恩に遺言していることや、日本の敗戦後、占領していた北朝鮮からロシア軍が早々と撤退していること、さらに韓国政界の左派の一部に北朝鮮との融和を望む向きがあることには無関心だ。

 

 塾頭は、正恩の祖父・初代・金日成がうち立てた「主体思想」が今でも脈々と生きており、朝鮮人のプライドを支える大きな柱になっているからだと思う。

 

 ここで、日本敗戦直後、朝鮮を米ソが南北に分けて占領した当時、両軍の司令官の名で発せられた布告を比べて見よう(金達寿『朝鮮』)。

 

 アメリカ「――三八度線以南の強制権は余の管轄下にある。住民は余の著名のもとに発せられるすべての命令に絶対服従しなければならない。占領軍に反抗し、もしくは命令を破り治安を乱すものは、容赦なく厳罰に処するであろう。軍事的占領の期間中は、英語をもって公用語とする。」(ホッジ中将)

 

 ソヴェト――「朝鮮人民よ、朝鮮は自由の国となった。しかしこれは、新しい朝鮮の第一歩にすぎない。美しい果樹園が人間の勤労と丹精とのたまものであるように、朝鮮人民の幸福も朝鮮人民自らの英雄的なたたかいと不断の努力となよってのみ達成することができるであろう。幸福は諸君の手中にあるのだ。諸君の前には自由と解放があたえられた」(チッチャコフ大将)

 

 北朝鮮の現状は、ソ連大将の予言通りとは言い難いが、ソ連軍人の出である金日成は、主体思想(チュチェ思想)という国家のアイデンティティー創設に向かった。

 

 どこにも頼らない、影響も受けない民族自立の思想体系確立をいう。日本などでは、共産主義思想の一環であるという評価が主だったが、それまで朝鮮は有史以来大陸強国の支配、または影響下から抜け出すことはできなかった。

 

 李氏朝鮮末期には、事大主義(強大なものに仕える)を宗とする事大党が政権を支配し、時には清に時にはロシアにという自主性のない国家運営が続いた。

 

 明治維新で王政復古した日本が、政権交代を天皇の名で朝鮮に通知したのを、「皇帝」の名称を使えるのは清国だけ、という理由で受け取らなかった。日本は砲艦で威嚇して「日朝修好条規」を結ばせたが、その第一款に「朝鮮は自主の国であり、日本と平等の権利を有する国家と認める」とある。

 

 日本が「主体性」を強要したことになるが、そうはならなかった。それが今となって様々な悔恨を生む原因になっている。金日成信仰が今でも根強いのもそのせいで、南にも共感を呼ぶものがあるのではないか。

 

|

« 銃剣道ははやらない | トップページ | 13年目 »

東アジア共同体」カテゴリの記事

コメント

欧米など列強国に地図上に定規で引いて国境が作られ分断された朝鮮半島の経緯は、中東諸国によく似ているしその後の経過もほんとうによく似ていると思います。

投稿: 玉井人ひろた | 2017年4月11日 (火) 16時33分

そして代理戦争の最前線にあって犠牲者が多く出る。
テロ犠牲者との比ではない。weep

投稿: ましま | 2017年4月11日 (火) 16時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/70224706

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮と主体思想:

« 銃剣道ははやらない | トップページ | 13年目 »