« 桜散る | トップページ | 放射能、雨樋にご注意 »

2017年4月19日 (水)

米空母急派はなかった?

また、毎日新聞がとんでもない記事を載せている。全くのガセとも思えないが、本当だとすると米海軍の情報操作だ。他紙には見られず同紙の扱いも大きいとは言えないが、追求し続けることはマスコミの義務だ。

 

【ワシントン会川晴之】米海軍は17日までに、原子力空母「カール・ビンソン」がインドネシア近海を15日に航行している写真を公表した。トランプ米大統領は12日放映の米テレビで「大艦隊を派遣した」と述べるなど、核・ミサイル開発を加速する北朝鮮をけん制するため、朝鮮半島近海に派遣中と見られていた。だが現実には、平壌で故金日成(キムイルソン)主席の生誕記念日「太陽節」の式典があった15日には、はるか南方を航行していたことになる。

 写真は、空母がインドネシアのスマトラ島とジャワ島の間にあるスンダ海峡を航行中のもの。米軍は「カール・ビンソン」を中心とする空母打撃群は8日にシンガポールを出航、当初のオーストラリアでの演習を取りやめ、朝鮮半島を含む西太平洋海域に展開中と発表していた。

 米軍事専門紙「ディフェンス・ニューズ(電子版)」は17日、空母は15日時点で「朝鮮半島から5600キロ離れている」と伝えた。同紙によると米海軍は、25日の朝鮮人民軍創建記念日前後には、朝鮮半島近海に展開する可能性を否定しなかった。

 マティス米国防長官は12日の記者会見で、空母が朝鮮半島周辺に向かっている目的を問われた際に「その地域に展開することが最も賢明な措置だと思ったからだ」と説明していた。米軍は通常、作戦中の艦船の展開先を公表しない。今後、朝鮮半島周辺に展開しない可能性もある。



ニュースサイトで読む: https://mainichi.jp/articles/20170419/ddm/007/030/067000c#csidx90f5e5e96512ebeadf411b8c6f21480                              
Copyright
毎日新聞

 

現に、同紙の4月12日付社説の冒頭では、<トランプ米政権が原子力空母「カール・ビンソン」を朝鮮半島近海に派遣した。>と書いている。また、テレビ解説の中には、艦隊の空撮映像とともに、現在展開中の米海軍の想定位置と地図にして示すところもあった。

 

上記記事で日付を丹念に追ってみてほしい。オーストラリアにしろ東シナ海にしろ、往復に1週間はかかる。海上自衛隊と共同訓練などあり得ない話だ。報道が本当なら世界中が米海軍に適当に踊らされていたことになる。踊ったのはマスコミにも責任があるが、戦争の危機さえはらむ内容を、いいかげんにして見過ごすことはできない。

 

ここ何度か書いているが、アメリカにはニセ情報を覆すだけの土壌がある。日本にそれを求めるのは、「木によりて魚を求める」などと言われないようにしてほしい。

 

|

« 桜散る | トップページ | 放射能、雨樋にご注意 »

マスコミ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/70307588

この記事へのトラックバック一覧です: 米空母急派はなかった?:

« 桜散る | トップページ | 放射能、雨樋にご注意 »