« プーチンの本音 | トップページ | 「対話と圧力」は「矛盾」 »

2017年4月28日 (金)

米空母急派はなかった?②

 表題の記事を書いたのは今月19日である。空母・カールビンソンがシンガポールを出て日本近海まで北上、すぐにでも作戦が始まるような報道で騒いだのはその一週間前の頃からである。

 

 その空母かスマトラの海峡でインド洋方面に向かっている所を発見されたことを受け、「報道が本当なら世界中が米海軍に適当に踊らされていたことになる。踊ったのはマスコミにも責任があるが、戦争の危機さえはらむ内容を、いいかげんにして見過ごすことはできない」と書いた。

 

 故意に出されたニセ情報を疑ったが、アメリカには、それを覆すだけの土壌がある、という指摘もしておいた。真相はまだ闇の中だが、下記のように米司令官が全責任を認めた。

 

 日本のように首相夫人をかくして、ほとぼりの冷めるのを待つような不明朗さはない。しかし、それにしてもあっさりと真実?を告白し過ぎるようにも思えるのだが。

427 AFP】米太平洋軍のハリー・ハリス(Harry Harris)司令官は26日、北朝鮮情勢が緊迫化する中、米軍が朝鮮半島(Korean Peninsula)に向かわせたとしていた米原子力空母カール・ビンソン(USS Carl Vinson)を中心とする米空母打撃群が一時逆方向に航行していたことをめぐる「混乱」の責任は自分にあると述べた。

 米海軍は今月8日、北朝鮮を抑止するための「慎重を期した措置」として、空母打撃群に「北への航行」を指示したと明らかにしていた。しかし実際はシンガポール沖から南下し、豪海軍との合同演習のためオーストラリアに向かい、その後でようやく北へ向かった。

 米下院の公聴会に出席したハリス司令官は、「今回の混乱については私の誤りだ。その件に関する批判は私が受ける」と述べ、また「私の失敗は、報道機関やメディアにきちんと伝えられなかったことにある。その責任は全て私にある」と語った。

 また、ハリス氏は空母打撃群が現在「フィリピン海(Philippine Sea)の沖縄東方の沖合」を朝鮮半島に向かって航行中であることを明らかにした。(c)AFP

 

 

 

|

« プーチンの本音 | トップページ | 「対話と圧力」は「矛盾」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/70403815

この記事へのトラックバック一覧です: 米空母急派はなかった?②:

« プーチンの本音 | トップページ | 「対話と圧力」は「矛盾」 »