« 戦争関係公文書廃棄 | トップページ | 銃剣道ははやらない »

2017年4月 8日 (土)

アメリカの火遊び

幼稚といえば幼稚。ブッシュの犯したイラク侵攻と同じようなことをまたアメリカがやっている。今回のシリア軍基地攻撃は拡大しないよう自制が利いているとすれば唯一の救いだが、戦争は本来増殖機能が働くものだ。

 

大戦後の地域紛争はほとんどすべて大国、特に米露の介入や武器援助で拡大したり長引かせたりしている。これに気がついたオバマがユニラテラリズム(単独行動主義)からの脱却を試みたが、トランプは派手にちゃぶ台をひっくり返して見せた。

 

宗教・民族・権力など地域内の紛争に、たとえそれがジェノサイド(集団殺害)に及ぼうとも他国が介入したり武器供与をしたりすべきではないということだ。ブッシュもトランプも「自国の安全のため」というが、テロをこれほど警戒しなければならなくなった原因には、ふたをしたままである。

 

今回の件もイラク同様、「謀略」のにおいがする。アメリカのいうように、アサドがこれを企み、ロシアが支持するという理由が全く成り立たないことだ。

 

現在、イラク情勢はISが後退し、反アサド勢力に対しても優勢になっている現状のもとで、化学兵器を使って住民を殺傷すれば国際世論の反発を受けることになる。

 

シリア・ロシアに不利になるようなことをあえてする必要がないとすれば、米ロ離反をたくらむ背後の勢力(化学兵器を製造または保管できる能力や施設がある勢力)の陰謀と見るのが至当だろう。

 

トランプは、まんまとこれに引っかかった、または「引っかかったふり」をしている。そんなことは、日本政府をのぞけばみんな内心では知っている。習近平さんも、「国内向けプロパガンダだよね」、という顔をしていた。

|

« 戦争関係公文書廃棄 | トップページ | 銃剣道ははやらない »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

九分九厘「俺はやると言ったらやる」というトランプの国内向けプロパガンダでしょうね。

もう一つ考えられるとするば、韓国の大統領が支持率が落ちおこむと「反日行動」を起して国民の目を外に向ける手法、それのアメリカ版でしょうか?

投稿: 玉井人ひろた | 2017年4月 9日 (日) 09時28分

韓国の慰安婦銅像も、「わかっちゃいるけどやめられない」と同じようです。

投稿: ましま | 2017年4月 9日 (日) 11時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/70190774

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカの火遊び:

» トランプのシリア攻撃への雑感 [岩下俊三のブログ]
「世界の95%のテロはCIAのオーケストラだ(拙訳)」というプーチンには好き嫌いは別として度胸と思い切りの良さに加えた知性のようなものが匂ってくる。 どこかの 非知性総理と ...... [続きを読む]

受信: 2017年4月10日 (月) 14時00分

« 戦争関係公文書廃棄 | トップページ | 銃剣道ははやらない »