« 議会証言② | トップページ | 「忖度」は医学用語? »

2017年3月25日 (土)

痛み分け国会

森友学園関連の国会推移を見極めるため投稿を中断していた。

 

 何が飛び出すかわからないと思っていたが新事実というほどのものはなかった。籠池氏は、偽証罪の危険に挑むように、これまでの主張を補強・断言した。その明白な証拠といえるほどのものはない。

 

反面、籠池氏を偽証罪に提訴できるような材料もない。参院・予算委員会の官僚参考人の証言も予想の範囲を出るものはない。各会議では、真偽を明らかにするため首相夫人などを、籠池氏と同条件の「証人喚問」するよう野党から要求が出たが、少数否決で実現は無理。

 

前に書いていた、右翼同士の「宣戦布告」にはなった。しかし、国会ではここで撃ち止め、幕引きとなることは当初から想定していた。それで、舞台を関西に移し、大阪府の百条委員会として真相解明を解明するよう、これも以前からの主張である。

 

今回の証人喚問で、ほとんど取り上げられなかった籠池発言がある。「幼児教育方針に行き過ぎた点があり、これを反省しお詫びする」というくだりである。多分、教育勅語斉唱や安倍首相礼賛唱和などのことだろう。

 

首相周辺や森友学園支持者からは、こういったことに感動したとか教育方針に全面的共感したということは表明されているものの、反省とかお詫びということは聞いたことがない。

 

事実の究明だけで、問題のもっとも本質的な部分が抜け落ちているのだ。証人喚問の後、籠池氏は外国人記者クラブから呼ばれて取材を受けたが、外国人記者の関心はことのほか高かったという。

 

中国でも、この件は外電トップクラスの扱いになっているようだが、日本の右傾化がこの先どう推移するのか、欧米などの先を占う上でやはり関心事なのであろう。森友学園問題は大げさのようだが、日本や世界の将来に関係があるのだ。

 

右翼同士の戦闘は格好な世論喚起のきっかけになる。籠池さんは、偽証罪に問われなくても申告の詐欺とか、債務不履行など、民事・刑事の訴訟を受けるだろう。一方、同氏にも、「はしごをはずされた」など、真相を究明するため司法手段で戦う権利がある。

 

幕引きではなく、保守陣営の実体を明らかにするための努力は続けてほしい。

|

« 議会証言② | トップページ | 「忖度」は医学用語? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/70040240

この記事へのトラックバック一覧です: 痛み分け国会:

» そもそも、金銭面がクリアされ書類が正しかったら、軍国主義的な小学校ができても良かったのか [虹色オリハルコン]
この記事に、玉川徹さんの「そもそも総研」みたいなタイトルを付けてしまいました。 まあ、そういうことです。 今回の森友学園騒動で、疑問だったことは、あの系列幼稚園の教育が、とても政治的であり、それが許されていたことです。  憲法改正署名や「安倍総理がんば...... [続きを読む]

受信: 2017年3月26日 (日) 14時03分

« 議会証言② | トップページ | 「忖度」は医学用語? »