« 痛み分け国会 | トップページ | 『老』 »

2017年3月26日 (日)

「忖度」は医学用語?

 森友学園問題で飛び交う「忖度(そんたく)」。ネットでは検索の上位を独占、今年の流行語大賞は、これで決まり、と評判だ。記者会見で、英語通訳が翻訳できず立ち往生したそうだが、中国人記者ならどう伝えただろう。

 

気になったが検索では見あたらなかった。そこで、我が家の唯一の漢和辞典を見ることにした。以下はそこから得た知識の紹介である。

 ------------------------------------

【忖】おしはかる。他人の心をおしはかる。推測。寸(スン)の転音が音。一説、心(りっしんべん)と寸(手首の脈どころ)との合字、指を当てて脈を知るように、他人の心を推しはかる意。

 

単語は[忖度]のひとつだけ。[度]は「はかる」で前記の意と同じ。

さらに中国古典『毛詩・詩経』からの出典を示す。

「他人有心、予忖度之」

 -------------------------------------

「親中派」と言われるが、立派な中国語であった。

|

« 痛み分け国会 | トップページ | 『老』 »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/70053532

この記事へのトラックバック一覧です: 「忖度」は医学用語?:

« 痛み分け国会 | トップページ | 『老』 »