« 価値観外交 | トップページ | 欧州は右傾化しない »

2017年3月16日 (木)

教育勅語

 下手な解説はしない。

 

 朝、登校すると鉄筋コンクリート造の奉安殿(文部省を通じて下賜された教育勅語とご真影=天皇と皇后の写真を収納)の前に立ち止まり、最敬礼をする。下校の時も同じ。これを怠ったりするのを見つかると「鉄拳制裁」になる。

 

 四大節(四方拝1/1、紀元節2/11、天長節4/29、明治節11/3)には校庭にテントを張り、ご真影を奥に飾るが、勅語朗読が始まるまで覆いがかかっている。テーブルを置いた演台の前に白い手袋をした校長が立つ。そこへ教頭が三方に乗せた巻物の勅語を頭より高く掲げて運んでくる。

 

校長は巻物を一礼して取り上げ、ひもをほどく。この際、ひもの先についている爪(ツメ)が巻物にぶつからないようツメを高く持ち上げて慎重に開く。そこで「最敬礼」の号令。「直れ」は、御名御璽を読み上げた直後になる。したがって生徒はご真影を見たことがない。

 

火災で奉安殿を失った学校の校長が自決したこともあった。戦局が急を告げた頃、学校の地元にいる生徒は、警戒警報(空襲警報)発令と同時に、深夜、荒天にかかわらずゲートルを巻いて学校へ駆けつけた。

 

校舎ではなく奉安殿を守り、勅語・ご真影を持ち出すためである。勅語は今でも暗唱できるが、修身の宿題とされただけで、斉唱した記憶はない。「朕󠄁惟フニ」つまり、明治天皇の回想で始まる勅語を子供が斉唱するなど、不敬な行動ではないか。校長の朗読は、勅語を受け取った天皇の代弁者としてである。

|

« 価値観外交 | トップページ | 欧州は右傾化しない »

戦中・戦後」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/69942149

この記事へのトラックバック一覧です: 教育勅語:

« 価値観外交 | トップページ | 欧州は右傾化しない »