« 憲法裁判所の威力 | トップページ | 価値観外交 »

2017年3月12日 (日)

敵前逃亡

このところ、政府の政策の一貫性のなさ、どたばたぶりが目に付く。国会での首相の感情の起伏にもそれが現れている。なんやら、相当あせっているらしい。

森友学園問題は、日に日に全体像が明らかになり、盟友だと思っていた大阪府知事をはじめ、「日本会議派」議員も波及をおそれて真相究明に舵を切った。

 

都議選では自民凋落、公明の離反が、予想通り政権の足下を揺るがすことになりそうだ。「解散」、一強を保つ上でこの2文字が首相の頭を離れなくなったのだろう。突然飛び出したのが、南スーダンの自衛隊撤退だ。

 

南スーダンで国連平和維持活動(PKO)にあたる陸上自衛隊施設部隊の5月末までの撤収に向け、稲田朋美防衛相は早ければ週内にも部隊に撤収命令を出す調整に入った。政府は同時にPKO実施計画の変更を閣議決定し、撤収の準備を本格化させる。(12日毎日新聞)

稲田防衛相を派遣し、駆けつけ警護可能の自衛隊メンバーを華々しく送り出したばかりである。こういうのを「敵前逃亡」という。かつて、軍隊では前線で敵を前に脱走する兵は、背後から狙撃して銃殺してもいいことになっていた。捕まれば即、軍法会議で死刑が科せられる。

 

政府は、「危険があるから撤退するのではない」といいわけをする。現地での紛争激化を防ぐため政府軍への武器供与を禁止しようという国際決議に反対して、不介入を通すアメリカをがっかりさせたのは誰だったっけ。

 

つい最近のことだ。政府軍に武器供与しないと、危険が及ぶという口実だったはずだ。敵前逃亡のほかに二枚舌といううろたえぶり。他の国から見ると、自衛隊も軍隊に見えるし軍隊を派遣している国が多い。

 

敵前逃亡は他の国でも同じ見方をする。各国の観察者は、危険な状態が去っていないということで一致している。もちろん「これまでの協力ありがとう」という社交辞令はあるだろう・

 

しかし、この時期をわざわざ選んで突如引き上げるのは「敵前逃亡」とも言えそうで、紛争激化につながるという見方をする反応が各国間にも多いと伝える報道がある。

安倍人気維持のための煙幕としか考えられないが、下手すると死刑。まさか「積極的平和主義」の発露ではないでしょうね(*^-^)。

|

« 憲法裁判所の威力 | トップページ | 価値観外交 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

後退が許されなかった旧日本軍には、不利と見た部隊に対し「後方へ‘前進’」と号令をかけた粋な将校が居たそうですが、現場の将校や隊員が一番大変であることは(想像で)理解できます

投稿: 玉井人ひろた | 2017年3月14日 (火) 14時37分

そういえば「回れ右前へ~進め」という号令があったことを思い出しました。

投稿: ましま | 2017年3月14日 (火) 20時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/69894187

この記事へのトラックバック一覧です: 敵前逃亡:

» ‘貧乏くじPKO’?・・自衛隊の嘆き [つぶやき古道(コミチ)]
南スーダンへのPKO派遣も2011年、東日本大震災が起こった年が始まりです。 2011年7月、国連安全保障理事会は、独立した南スーダンへのPKO部隊の派遣を承認。 2011年8月日本政府へもPKO派遣要請が出され、当時の民主党・管総理は検討すると返答。 201... [続きを読む]

受信: 2017年3月12日 (日) 16時19分

« 憲法裁判所の威力 | トップページ | 価値観外交 »