« 「原発裁判」司法の限界 | トップページ | 議会証言② »

2017年3月21日 (火)

議会証言

石原慎太郎元都知事の百条委員会証言が昨日あった。慎太郎は戦中、海軍兵学校進学予備校といわれる中学に進学、江藤淳とともに敗戦で挫折を味わったせいか、世代は同じでも、終戦で自由・民主の開放感を味わった塾頭となどとは対極にいる人物だ。

  

彼の築地移転に関する証言は、こんなものだろう。答弁は百点満点ではないが、特段の齟齬は感じなかった。肝心なところは、「忘れた」で逃げているとする評者もいるが、脳梗塞の後遺症でなくても「まだらぼけ」という現象はあり得る。知事の責任追求をすれば、何期にもわたって知事に選んだ都民、そして都議に跳ね返ってくる道理だ。

 

これに比べると23日に予定されている森友学園・籠池氏の国会証人喚問の方が、興味津々である。右翼同士の大喧嘩になりそうだからである。

 

そもそも、籠池氏を参考人として国会に招致しようという野党の考えに、「民間人を呼ぶのは適当でない」という前例無視の奇妙な理屈で反対していた与党が、急転直下「証人喚問」という強制力のある場に、懲罰の意をこめて引き出すことに変えたのだ。

 

 理由は、首相夫人が講演会に呼ばれた日に森友学園に100万円の寄付を申し出て、現金で受け取ったとする籠池氏の暴露を、首相が「あり得ないこと」と強く否定したことに始まる。

 

寄付自体は選挙区に関係がなく、違法ではない。教育方針がすばらしく首相の考えにマッチしているとして、新設予定の小学校に夫人の名誉校長まで引き受けさせられるという際だ。寄付集めに苦労している学校なら、寄付をしましょうというのが自然の成り行きだ。

  

 籠池氏にしてみれば、その後急速に中央・地方を問わず官公庁の協力を得て許認可が進み、校舎まで建ててしまった。それなのに、土地代金の8億円値引きなどに批判が集まると手のひらを返すように籠池氏だけを悪者扱いし、大阪府が開校認可を取り消すなど、ひどい目に遭っている。

 

あれだけ、協力します、といってくれた人たちが雪崩をうつように先を争って逃げた。その人たちに先行投資した校舎などの弁償金を払ってほしい、というのが籠池氏の本音だろう。その協力者の代表にあえて首相の名をあげたに違いない。

 

したがって証人喚問は、ごく単純に首相の寄付があったのかなかったのかがまず焦点となる。お互いに主張を取り下げるということがなければ、どちらかが嘘をついていることになるが、あらたな物証がないかぎり、籠池氏を偽証で告発することは難しい。

 

当時、寄付金として郵便局に学園名義で100万円が振り込まれたという証拠がある。これを、安倍夫人に講演料を支払おうとして辞退され、それを寄付金という名目で、「安倍首相からの支援金」にしたのではないか、という説もある。

 

当初、小学校を「安倍晋三記念小学校」と命名しようとして首相がわから断られたという経緯がある。そのかわり籠池氏のポケットマネーで寄付があったことにし、寄付金集めや生徒募集にそれを利用しようという魂胆だったというのである。

 

それにしては、今になって籠池氏がそれを明らかにするという理由が立たない。やはり、籠池氏の、裏切り協力者への宣戦布告に違いない。寄付があったかなかったかは水掛け論で決着がつかないだろう。

 

野党の中には、首相の寄付の有無を問題にするのではなく、森本学園に有利になるようことを運んだ政界・官界の不自然な動きをただすための証人喚問をすべきだという意見が大きい。正論である。

 

23日の証人喚問で、籠池氏がその方向に向けた証言をするかも知れない。それが引き金となって全容解明に向かう――、是非そうなってほしい。

 

そもそも、森本学園支援は、安倍首相のブレーンが運営する超保守系の教育団体「日本教育再生機構」が核になって、大阪府の松井知事なども巻き込んで発展したという観測もある。

 それを振り回して商売にしたのは、籠池氏の方かも知れないが、教育勅語や愛国行進曲で育った塾頭の目で見ると、こんな安易なことにひっかかる単細胞右翼の存在は、国を滅ぼす。早く駆逐してほしい。

|

« 「原発裁判」司法の限界 | トップページ | 議会証言② »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

森友も豊洲も、官僚と政治家の水面下での動きが少しでも現れたら凄いことですが、“隠しのプロ”である官僚が絡んでいる以上、可能性は限りなく0でしょうね。

投稿: 玉井人ひろた | 2017年3月21日 (火) 17時01分

内部告発、あった方がいいのかない方がいいのか考えあぐねますが、文書の破棄は最低5年はなしにして原則公開を旨にしてほしいですね。
昔は保存倉庫に苦労したものですが、今は電子保存という便利なものがある。

投稿: ましま | 2017年3月21日 (火) 19時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/69997032

この記事へのトラックバック一覧です: 議会証言:

» 本来の問題点が薄れていく [つぶやき古道(コミチ)]
東京の築地移転の問題も、大阪の森友学園のことも、当初の問題とは違った方向になってしまっていませんか?と、マスメディアと議員様方に言いたいです。 東京のは、移転先の豊洲の汚染対策のための盛り土工事がなされていなかったことを隠ぺいしていた「盛り土問題」が一番だった... [続きを読む]

受信: 2017年3月21日 (火) 16時57分

« 「原発裁判」司法の限界 | トップページ | 議会証言② »