« 森友学園雑感 | トップページ | 米国版「人権報告書」 »

2017年3月 3日 (金)

正男暗殺の行方

「すごいことが起きた。この先どうなるのだろう」という驚天動地の大事件が去年から今年にかけていくつも起きた。テレビ番組も、人気ドラマそこのけで続報を追いかける。

 

 小池都知事→豊洲、トランプ→暴言、韓国→朴大統領、最近ではマレーシア→金正男暗殺、政界→森友学園などが相次いだ。次々と明るみに出る「真相」につい目を奪われてしまう。

 

 しかし、「人のうわさも75日」。これくらい経つとだんだん先が読めるようになってくる。上の各事件でも、新事実が出てきて、全体の見直しを迫られるようなことがないとは言えないものの、サプライズドも終わりに近づいていることはたしかだろう。

 

 中でも金正男暗殺事件は、外交問題や諜報機関が絡むので隠されている部分が多く、真相は最後まで決着がつかないに違いない。前にも触れたが北側の公式態度は、「死んだのは、北朝鮮の外交官ビザを持つキム・チョルという男であり、死因は心臓麻痺だ」という見解である。

 

 たしかにマレーシア当局の北朝鮮大使館への第一報は、そのようなものだったようだ。そこで、金正日の長男・正男が北の工作員に暗殺されたというのは、韓国の情報機関がでっち上げたニセ情報で、VXガスを使ったはずの女性が生きているというのは科学的根拠に欠ける、と主張している。

 

 北は、金正男なる人物の存在すら公式に認めていないのだ。韓国の情報機関でなくても、正男が被害者であるとの認識は当初から一般的だった。マレーシア当局もその前提で捜査に当たっており、骨格・体型だけでも確認は可能だ。

 

 その正男がなぜ北の外交官ビザを所持していたか、そして北の暗殺を警戒しなかったのかについて、彼は中国サイドにいるものの、北にとってもメリットになる存在になっていたという、二重スパイではないかということを塾頭は考えていた。

 

 現に、彼が貿易などで多額の収入を得、その上納金納付について北の要求に応え得なかった金銭トラブルが暗殺の理由という説もある。しかし、北にとってはあくまでも死体はキム・チョルである。北の公民を国外で、しかも手の込んだ方法で暗殺する理由はない。

 

 だから、死因が高度な国レベルの技術がないと扱えないVXによるものという理由を否定しなければならない。

 

 当初、死体は同じDNAを持つ遺族に引き渡すという切り札があったように見えたが、いつのまにか消えた。正男の長男がマカオからやってきて、明日にでも決まり、という雰囲気だった。

 

 だけど、北は正男の存在を認めていないのだから賛成するわけがない。キム・チョルの遺族のDNAは、あくまでも大使館を通じて北が提供するものでなくてはならず、しかも誰から採取したかは別として、事実上提供可能である。

 

 仮に両方とも正しい、とする結論がでたらマレーシアは、外交上決着を見ない限り、いずれにも引き渡せないとするしかない。国際的に大失態をさらすことになる。

 

 中国の態度が不鮮明なのは相変わらずだが、彼らを保護しているものの居留者であり、国民ではない。韓国への脱北者が正男を亡命政権首領に担ぎ上げるなどの動きがあれば、絶対反対である。本人にその気はなかったらしいが、韓国の初代大統領李承晩が戦中上海で実体の乏しい亡命政権を建て、戦後アメリカの要請を受けて建国した史実がある。

 

 中国としては、韓国の支える北の政権ができることは決して歓迎できない。そんなことなら、むしろ今暗殺された方がいいかも知れない。金正日の遺訓「中国を信用してはならない」というのは、中国から見た北も同じだが、半島全体が米韓同盟に染まってしまうことは、どうしても避けなくてはならないという至上命令がある。

 

 最近、金正男事件は、迷宮入りにという解説が多くなってきた。平和維持のためにはこれしかないかもしれない。それも、人類が選択できる知恵の一つである。

|

« 森友学園雑感 | トップページ | 米国版「人権報告書」 »

ニュース」カテゴリの記事

東アジア共同体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/69795951

この記事へのトラックバック一覧です: 正男暗殺の行方:

« 森友学園雑感 | トップページ | 米国版「人権報告書」 »