« 電通のお粗末な売り物 | トップページ | 女子ジャンプ・世界一 »

2017年2月16日 (木)

金正男暗殺雑感

 クアラルンプールで暗殺された北朝鮮・金正恩の兄正男に関する続報はまだまだ続く。犯人らしき2人目の女が逮捕されたそうだ。いずれにしてもこの種の事件は、これからもなかなか真相が明らかにならないだろう。

 当塾では、去年9/1010/2213/3と3回、北朝鮮抜きの6か国協議というのが必要ではないかと書いてみた。核実験やミサイル発射などもはや日常化した北の行動に、国連が何度決議相や声明を出そうがカエルの面に小便、なんの効き目もないからだ。

 単なる威嚇や、国内向けパフォーマンスであれば、無視すればいいのだが、どこかの国は、それを緊張とか脅威と言ってやはり国政に利用しようと意図する。かつて、北の動きに対し、日米中韓それに北を含めた6か国で北の非核化を協議する場があった。

 現在、それを復活させようと思っても、北が加わるはずがない。それならば、かつてあった東アジア非核地帯構想のようなことを、北抜きで話し合ったらどうか、というものである。

 「無意味だ」とはわかっていてもこの地域の恒久的平和構築を話し合うということになれば、南北のあり方も議題となり、北は実効の伴わない経済制裁などよりも焦ってくるだろう。

 前掲の記述のひとつ「北・抜き陰謀論」をリンクしておくが、単なるパフォーマンスであればいいけど、最近の報道によると正恩の健康状態や日常生活にやや正常を欠くものがあるという。

 となると、「誰が誰を」と特定していないが、非常手段として「暗殺」という陰謀が働いてきてもおかしくない、と書いた。その時と今は何が違うかと言えば、トランプが米大統領になり、政策が目まぐるしく変わることである。

 正恩は正男の利用価値の変化を警戒したのかもしれない。

|

« 電通のお粗末な売り物 | トップページ | 女子ジャンプ・世界一 »

ニュース」カテゴリの記事

東アジア共同体」カテゴリの記事

コメント

BSで盛んに放送されている昔の韓国王朝時代の劇のような出来事です。
この暗殺の手口が、北朝鮮以外の外国の要人に向けられたら恐ろしい話です。(すでに実行されているかも?)

投稿: 玉井人ひろた | 2017年2月16日 (木) 16時27分

もともとはロシアが本場のようですが、使われたのはVXガスとか。

どっかで聞いたような気がしたが、オウムでした。

投稿: ましま | 2017年2月16日 (木) 20時07分

>単なる威嚇や、国内向けパフォーマンスであれば、無視すればいいのだが、どこかの国は、それを緊張とか脅威と言ってやはり国政に利用しようと意図する。

ありとあらゆるものを、自民党の批判につなげるんだなぁ。

投稿: makoto | 2017年2月18日 (土) 01時58分

お気づきいただき、ありがとうございます。

投稿: ましま | 2017年2月18日 (土) 08時55分

いえいえ。
北朝鮮のことを挙げる時は、そこから自民党の批判へと、必ずつないでいますから。

投稿: makoto | 2017年2月19日 (日) 05時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/69620155

この記事へのトラックバック一覧です: 金正男暗殺雑感:

« 電通のお粗末な売り物 | トップページ | 女子ジャンプ・世界一 »