« 都議選の震度は? | トップページ | 荷風と梅・寺 »

2017年2月 9日 (木)

「人間天皇」否定論

 天皇退位を一代限りの特別法にしようというのが政府や保守陣営で有力になっている。その理由がどうもわからないし説明も納得できるものでない。皇室典範改正について、天皇の意思を受けてというのでは、今後天皇の政治関与に道をつける、といったことのようだ。

 

 また、退位の条件を規定し、様々な(例えば、退位後の呼称とかお住まいなど)制度の変更に時間がかかるというようなことをいう。それならば、一代限りでも同じではないか。

 

 大日本帝国憲法は明治14年にできた。「欽定憲法」といって、明治天皇の命令で起草されたことになっている(前文にあたる「上諭」に記載)。その第一章第三条に「天皇ハ神聖ニシテ侵スヘカラス」とある。

 

 自ら自分を「神」としてしまった。戦後まで「現人神(あらひとがみ)」という言葉が活きていた。それでも子供は、「朕がプット屁をふれば、爾ら臣民くさかろう」とはやし立てていたので「神」でないことは誰でも知っていた。これをどうしても「神」にしたかったのは、政治指導者や神社である。

 

 戦後になっても、それを捨てきれない人のために、終戦翌年の正月元旦、天皇は詔勅(今でいえば「おことば」)を発表、神ではないと自ら宣言した。

 朕ト爾等国民トノ間ノ紐帯ハ、終始相互ノ信頼ト敬愛トニ依リテ結バレ、単ナル神話ト伝説トニ依リテ生ゼルモノニ非ズ。天皇ヲ以テ現御神(あまつかみ)トシ、且日本国民ヲ以テ他ノ民族ニ優越セル民族ニシテ、延(ひい)テ世界ヲ支配スベキ運命ヲ有ストノ架空ナル観念ニ基クモノニモ非ズ

 今上天皇は、この時13歳と8日である。「人間宣言」と呼ばれるこの詔勅は、皇太子である彼の将来がどうなるかがわからない中で、大きな自信と希望(生きがい)を抱いたはずだ。

 

 戦後レジームの脱却を唱える安倍首相は、これもGHQの指しがねだというだろう。誰が天皇を神にしたのか。神武以来、天皇は神に祈る立場で、自身は神ではない。最古の古典、記紀を読んでも神として描かれることはあまりなく、人間味あふれる存在の方が多い。

 

 明治憲法に触れたが、その元を作ったのは『神皇正統記』(じんのうしょうとうき)を書いた北畠親房であろう。南北朝時代に天皇が2派に分裂しその一方を正当とするためいろいろな理屈をつけた。

 

 その影響が水戸学などに引き継がれ、維新を正当化するのに使われた。「国学」ともいわれるが、江戸時代幕府からも尊重された中国伝来の儒学を基礎にしている。

 

血統・徳政・忠孝を強調する「春秋」「孟子」「周易」などが土台となっており、日本古来のものとは、言い難い。天皇神格視の始まりで、皇室典範のバックボーンになっている。

 

安倍応援団による一代限りの主張は、多分ここから来ており、日本古来の伝統や歴史とは縁もゆかりもない。明治憲法の再現ねらいと言われても仕方がないだろう。

|

« 都議選の震度は? | トップページ | 荷風と梅・寺 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

旧憲法の草案作りを担った人物の一人に「井上毅」という方が居ますよね。
このかたは後に文部大臣になって「教育勅語」の草案にも関与していますが、この人の一貫しての考えは「日本の在り方は立憲主義」というもので、天皇を神格化することを嫌った人物だと記されています。

井上の憲法草案には3条は無かったそうですから、この人物がもう少し政治手腕が有れば違った憲法になったかもしれません

投稿: 玉井人ひろた | 2017年2月11日 (土) 18時53分

井上は、西欧の知識が身についており、そのため新たな国政を確立させるため、古事記・日本書記をはじめ正しい日本史を知る努力をしたようです。

天皇神格視反対は、当然の帰結かも知れません。
ちなみに彼は薩長ではなく肥です。

投稿: ましま | 2017年2月11日 (土) 20時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/69542491

この記事へのトラックバック一覧です: 「人間天皇」否定論:

« 都議選の震度は? | トップページ | 荷風と梅・寺 »