« 金正男は二重スパイ? | トップページ | トランピズム »

2017年2月23日 (木)

安倍ご推薦学園

地下組織、地下人脈、地下取引……、そんな言葉でさえきれいに聞こえる。地下埋設物・土壌汚染がかかわる話題だ。核汚染物質にはじまり、豊洲そして今度は安倍首相夫妻とのつながりが注目されている大阪の幼稚園と小学校予定敷地に飛火した。その話の前に、安倍首相がなぜこの教育施設を――に触れなくてはならない。

 

学校法人森友学園の傘下にある施設で、ウェブサイトの「教育内容」の最初には

「毎朝の朝礼において、教育勅語の朗唱、国歌『君が代』を斉唱します」とある。この4月に開校を目指す小学校は、すでに学校説明会や入試も終わっているが、まだ文科省からの認可がおりていない。

 

 既存の「塚本幼稚園」では、「よこしまな考え方を持った在日韓国人や支那人」などと記載した文書を保護者向けに配布し、憎悪表現に当たる恐れがあると問題視した大阪府が法人理事長の籠池泰典園長らから事情を聴いていたことが16日、分かった。

 

 また、同学園に稲田防衛大臣は昨年10月に「交流等を通じて防衛基盤の育成と自衛隊員の士気高揚に貢献した」との理由で、防衛相感謝状を贈っていたが、前述のことを指摘され、このたび急きょ取り消し処分にするようだ

 

 そんな、超右翼少年育成を目的とする学園が、民進党の予算委員会の質問で、安倍晋三記念小学校」の名前を使って寄付金集めが行われていた事実を明らかにした。

 

首相は、

「そもそも、今、話をうかがって、これ初めて知ったんですが...

とした上で、

「いわば私の考え方に非常に共鳴している方、その方から小学校を作りたいので『安倍晋三小学校』にしたいという話があったが、私はそこでお断りをしているんですね」
 
「私が死んだ後であれば話は別だけれども、何かそういう冠をしたいというのであれば、私の郷土の大先輩である、例えば吉田松陰先生とかの名前を付けられたらどうですか、という(話をした)」

と、名前を冠する打診はあったが断ったと説明した。

 

 その代わりというか首相の妻・昭恵氏を名誉校長に据えている。この安倍首相の天真爛漫ぶり、ほめていいのか悪いのか、塾頭も迷ってしまう。「私が死んだ後であれば……」生きているのが残念だといわんばかり。

 

 「郷土の大先輩である、例えば吉田松陰先生とかの名前を付けられたら」といい、「私の考え方に非常に共鳴」した点は、教育勅語であり日の丸・君が代なんだろう。天真爛漫であると同時に、首相の知性や歴史の知識がそこで止まってしまい、そこから一歩も出ない幼稚さをどう考えればいいか。

 

 塾頭も山口県生まれだが、松陰が松下村塾を運営していた頃、大陸侵攻論者だったことや、教育勅語が特攻隊を生んだもとになっていることをどれだけ知っているだろうか。前述の短い答弁の中に、首相の思想の根底が言い尽くされている。

 

 さて、本題の土地の話が置き去りになってしまった。学園が小学校用地として、国有地をほぼ10分の1という破格の価格で手に入れたことに対して、国会で首相周辺に疑惑の目が向けられたことが発端だ。

 

首相は、森友学園への国有地売却や小学校の認可に安倍夫妻が関与していたことが明らかになれば、「総理大臣も国会議員も辞める」と断言した。同時に、首相や国会議員でさえなければ、全面的に事業に協力したいという本音も分かった。

 

その、土地の問題というのは、東京の豊洲市場用地取得問題と類似点が多い。財務省は取得価格開示請求を、「買い手の要望で」という理由で拒んできた。朝日新聞の29日の報道のあと、ようやく価格を公表する。

 

説明によれば、土地の価格は報道の通り、周囲の標準的な地価と比べると9割引きの13400万円。安くなった理由は、地下埋設物(タイヤなどの廃材及び生活ごみ)の撤去・処理費用である81900万円を差し引いたためだという。

 

 その撤去・処理費用の算定方法はわからず、その価格でもってすればダンプトラック何千台分に相当するという。健康被害をもたらすようなものではなさそうだが、近隣住民はそんな物が運び出された様子はないと証言している。

 

 仮に建物のくい打ちに支障があるとすれば、建物建設部分だけでいいわけで、全体の面積を資産の根拠にする必要はない。上記の1億数千万円も低利の長期分割払いでよく、ほぼただ同然で開校の条件をクリヤーできることになる。

  豊洲の方は、都議会で百条委員会開催が決まったというニュースで、「これで真相がわかる」という雰囲気だが、喚問される証人は、「訴追される恐れがある」とか、「記憶がない」というという証言拒否の方法があり、弁護士の同席も許される。

  

 それに比べると、大阪の方は突っ込みどころ満載だ。そのような、学校をなぜ存在させなければならないのか、野党4党は徹底的に追及してほしい。

 

【追記】24日朝のTV報道によると首相の妻・安倍昭恵氏は名誉校長を降りたようだ。そもそも彼女自身の希望によるものかどうか疑問だが、学校の方針に共鳴しての就任。首相でも国会議員でもないのだから引き下がる理由は全くない。

 

やっぱり政治的配慮です(*^-^)

 

|

« 金正男は二重スパイ? | トップページ | トランピズム »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

あまりのも豊洲問題と似ていて、驚きます

投稿: 玉井人ひろた | 2017年2月24日 (金) 18時27分

東京が豊洲、大阪は豊中。この文のはじめを「地下〇〇」としましたが、ここはなんと買い手にとって「地下金脈」だったのですね。

投稿: ましま | 2017年2月24日 (金) 19時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/69703980

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍ご推薦学園:

» 国有地、競売にならなかった理由 [つぶやき古道(コミチ)]
森友学園による豊中市野田町の約8770平方メートルの国有地買い取り問題では、私だけが聞いていないのかもしれませんが国会の質問でも、テレビ報道でも、説明されていないことがあります。 国有財産の売却の原則、3つ <財務局HPより> 単独利用可能な未利用財産の売却>... [続きを読む]

受信: 2017年2月24日 (金) 16時14分

« 金正男は二重スパイ? | トップページ | トランピズム »